jp.mongabay.com
トップ  |   世界の熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   熱帯淡水魚  |   写真  |   言語  |   モンガ・ベイ について  |   お問い合わせ

環境ニュース

アフリカ産の原料を使った食品コーティングで食品ロスを削減
(07/06/2015) サハラ以南のアフリカでは、1個のトマトや1個のキャッサバを食べるごとに、別の1個が捨てられている。すべての青果類のうち、半分近くが食卓に乗ることなく廃棄されるのだ。冷蔵技術や安定した電力がなく、サプライチェーンが長く予測不能であるため、アフリカでは食品を新鮮に保つのが難しい。しかし、同じアフリカで生産される樹脂、アラビアゴムを使った新たな食品コーティングが、この問題の解決に役立つかもしれない。


ベリーズの海の景勝地に海洋掘削計画
(07/03/2015) AP通信によるとベリーズ政府はベリーズの大部分の海域を石油・ガスの海洋掘削に開放することを提案した。この領域には、7つのユネスコ世界遺産が含まれている。今のところ同国は自発的に掘削を停止している。


ボルネオ島の熱帯雨林、1973年以降30%が消滅
(06/18/2015) ボルネオ島の熱帯雨林はこの40年間で火災、産業伐採、植林地の拡大などを理由に30%以上が消滅している(詳しくはボルネオ島の森林について最も総合的な分析を提供するニュー・スタディを)。オープンアクセスの科学誌「PLOS ONE」に掲載された研究は、手付かずで残るボルネオの低地熱帯林が全体のわずか4分の1余りであることを明らかにする。


マウイイルカの個体数、ついに 50 頭を切る
(06/18/2015) 2つの新たな報告書がマウイイルカの危機をとりあげた。そこで示された現在のデータによれば、個体数は過去最低に落ち込み、生存個体は47頭に満たない。報告書はサンディエゴで6/3まで行われた国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会会合で公表された。


食糧安全保障の向上には森林に注目―新たに報告
(06/17/2015) 同報告書によれば、約8億5百万人―世界全体の9人に1人―が、主にアフリカとアジアで、栄養不足の状態にあり、同時に世界の12億から15億の人々が、食事や生計のすべてあるいは大部分を森林に依存している。


野生動物の密猟危機の解決策に最大50万ドルの賞金
(06/15/2015) その闘いの最前線に、複数の団体による共同イニシアティブが発足した。野生動物犯罪テック・チャレンジは、野生動物取引による被害を防ぐのに役立つ科学技術イノベーションへの投資を呼びかけ、活性化させるためのものだ。この取り組みは、米国国際開発庁(USAID)、ナショナル・ジオグラフィック協会、スミソニアン研究所、TRAFFICが支援している。


船籍国は漁船の海外での違法操業の法的責任を負う―国際裁判所が裁定
(06/10/2015) 国際海洋法裁判所は4月、船籍国は漁船の行為に関して海外操業も含めて責任を負うとの裁定を下した。その内容は、「船籍国」は認可した船舶が外国の法令に従うよう「適切な配慮」をしなければならない、というものである。これに違反した場合、船籍国は、その船舶が違法・無報告・無規制(IUU)手段で漁獲を行った国から提訴される可能性がある。


カンボジアからの追放後、ダム建設を阻止するために国外で闘い続ける活動家
(05/25/2015) 2月23日、午後5時、カンボジアの環境保護団体マザー・ネイチャーの創設者、アレハンドロ・ゴンザレス-ダビッドソン氏が主要な支持者とメディアのメンバーに送ったテキストにはこうあった。同氏はこのメッセージを、拘留されているプノンペン国際空港の移民局事務所から送信した。


銃は木をも殺す:過剰な狩猟により樹木が絶滅の危機に
(05/21/2015) アジアクロクマ(Ursus thibetanus)はツキノワグマとも呼ばれ、タイにおいてMiliusa horsefieldiiなどの樹木の重要な種子散布者である。この個体はカメラトラップで撮影された。最新研究により、このクマのような種が狩り尽くされると、熱帯の樹木は絶滅の危機に陥ることがわかった。写真:Dusit Ngoprasert、モンクット王工科大学トンブリー校保全生態学プログラム.


昨年殺された環境活動家の数は、2割も急増
(05/07/2015) グローバル・ウィットネスが新たに発表した、気のめいるような報告によると、昨年暗殺や故意の殺人で命を失ったり、裁判もなしに殺された環境活動家は2割も増加した。報告では、2014年には17の国で116人が殺されており、その数はブラジルで最も多く、29人の環境活動家や大地保全活動家が殺害されている。


ペルーの森林のターニングポイント? ノルウェーとドイツが画期的合意を後押し
(05/05/2015) アンデスからアマゾンまで、ペルーには世界有数の驚異的な森林が広がる。ペルーアマゾンの奥地には誇り高く多様な文化を持つ先住民たちが住み、その中には外部の世界との接触を極力避けることを選んだ人々もいる。そして、研究者たちがこれまで名づけてきた、落葉層から林冠までを住みかとする何万種にもおよぶ生物に加え、いまも無数の未発見の生物種が生息している。


思い切った手段なくしては、世界人口の爆発的増加は「不可避」
(05/01/2015) 最近のいくつかの推定によれば、今世紀の終わりまでに、世界の人口は100億人を超える可能性があるという。ごく最近、とめどない人口増加の流れを変え、人口を存続可能で、生物多様性と生態系を脅かす恐れの少ないレベルとするのに必要なことは何か、を研究した結果が発表された。研究者らは、世界的な破局を避けたければ、この人口増加の流れを転換する唯一の手段は、数十年以内に一人っ子政策を、世界的規模で行うことだ、と述べている。


ジェーン・グドール:地球の未来に希望を抱く5つの理由
(04/08/2015) こうした名声を得るまでに彼女がたどった道のりは、ユニークで驚くべきものだ。母親から「決してあきらめない」ことを教わった彼女は、20代で子供の頃からの夢に踏み出した:アフリカで動物たちと生きることにしたのだ。26歳になる頃には、彼女はそれに専念していた。著名な人類学者ルイス・リーキーに見出された彼女は、タンザニアのゴンベに派遣され、世界初の野生チンパンジーの長期行動研究を行った。学士号すら持っていなかったグドールが、チンパンジーの群れに受け入れられた唯一の人物となったのだ。彼女の研究は、私たちに最も近い親戚についての、深遠で議論を呼ぶ洞察をもたらした。道具を使用するのはヒトだけではないことを発見し、それはやがて、ヒト以外の動物が持つ「文化」を定義し記録するという、広範な科学の潮流への貢献にもつながった。グドールが数多くの栄誉のうちの最初の一つを勝ち取ったのがこの頃だ。


消滅しかけている老生林をどう守る?
(03/30/2015) 今まで人間の手によって工業伐採、または開墾されたことのない原生林は地球上に存在しない。原生林に共通する特徴は古木でかなりの枯れ枝、林冠陰を原因とする少ない下生え、生物多様性が高い(他の場所では発見することのできない多くの種を含む)などである。原生林は柱のような木々やカーペットみたいな下草のため、しばしば大聖堂などと描写されている。科学誌「コンサベーション・レターズ」の最新論文によると、原生林 (老生林としても知られる) が毎年減少し続けているにもかかわらず、政策立案者たちはそれを食い止める十分な活動をしていない。


過去10年間でセンザンコウが屠殺された数は100万頭を超えた
(01/07/2015) IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストによると、世界の珍獣を代表するある動物群が完全な絶滅の危機に瀕しているという。センザンコウはその外見や行動から鱗のあるアリクイともいわれるがアリクイとは別の分類であり、東アジアでの盛んな取引により違法に消費され絶滅の危機へと追いやられている。最新のレッドリストにはセンザンコウの8種全てが絶滅の恐れがある状態として示されており、特にその内の2種であるミミセンザンコウとマレーセンザンコウは現在絶滅危惧IA類として区分されている。


無傷で残存する生物多様性ホットスポットは僅か15%
(12/04/2014) 残存する原生植生の衝撃的な新分析によると、世界にある35ヶ所の生物多様性ホットスポット (地球上の絶滅危機にひんした陸上脊椎動物の75%が潜伏している) は、予想以上の苦境に陥っている。野生生物の宝庫として知られるマダガスカルや熱帯アンデス、スンダランド (ボルネオ島、ジャワ島、スマトラ島、マレー半島) など、生物多様性ホットスポットに残された無傷の自然植生は全体で15%以下である。さらに悪いことに、半数近くの生物多様性ホットスポットが残存する原性植生10%以下、その内5ヶ所は5%以下となっている。


トロール漁業:破壊的な漁法で海底が”砂漠化”
(11/28/2014) 底引き網漁は世界中の商業漁業で使われている方法で、重いネットを海底に沈めて網の中に入ったものを全てすくう方法である。過去の調査では、トロール漁業を、”混獲”と総称される漁獲対象でない種の大量漁獲や、浅い海底の破壊など大きな環境への影響を関連付けている。 今回、米国科学アカデミー紀要に発表された新しい研究によれば、この漁法は、さらに深い海や海を越えて長期的で広範囲に渡る影響をもたらすと言う。


ジェーン・グドールがmongabayの一員に
(11/21/2014) 世界的に知られる著名な霊長類学者・自然保護活動家のジェーン・グドールが、mongabay.orgの顧問の一人として就任した。mongabay.orgは、熱帯林を中心とした環境・科学情報サイトmonbgabay.comの非営利部門だ。


かげりを見せない人口増加が地球温暖化と大量絶滅を加速させる
(10/13/2014) 世界人口が10億人を突破するには約20万年かかった。だが、わずか200年の間に人口は70億人になった。実際、ここ40年間は、約12年ごとに10億人が増加している。そして国連の予測によれば、今世紀末までにさらに40億人が増え、世界人口は110億人に達する見込みだ。


ビッグデータが森林を守る:Googleが支援する革新的システム
(10/01/2014) グローバル・フォレスト・ウォッチと呼ばれるこのプラットフォームは、40以上の団体が過去数年間にわたって開発してきたものだ。世界の森林に関する様々なビッグデータを利用して、インタラクティブマップやチャートを表示することで、森林破壊、森林回復、工業的林業の拡大の動向を知ることができる。


限界点に到達? 西南極、ゆっくりと止まることなく融解
(09/24/2014) 200年後の地球は全く異なって見えることだろう。今週発表された2つの重要な研究論文は、西南極の氷床が気候変動のあおりを受けて一見避けられない崩壊状態であることを明らかにした。ゆっくりとした崩壊はやがて地球規模で3.6~4.5メートル (12~15フィート) の海面上昇を自ずと引き起こし、世界の島々、低平地、沿岸都市の多くを氾濫させるだろう。


象牙取引の衝撃的な犠牲数:12年間で全世界のマルミミゾウの65%が虐殺 (警告: 刺激的な画像を含みます)
(09/04/2014) 環境保護論者たちは、過去10年間で、マルミミゾウはその象牙質の牙のために空前の虐殺にあっていると本日(2014年2月12日)ロンドンで発表した。密猟者によりマルミミゾウは年間に全個体数の9%という衝撃的な割合で殺され、全世界の65%のマルミミゾウが過去12年間に虐殺された。 同じアフリカゾウ属のアフリカゾウより知名度が低いが、2010年の遺伝学のある研究で、マルミミゾウは事実アフリカゾウとはアジアゾウとマンモスのようにかけ離れた種であることが明らかになった。


水面下の恐怖 : アメリカ沿岸沖で海洋生物の殻が溶ける
(07/29/2014) 「ある日人間は目を覚まし、身体の各部が大気中の化学変化によって溶けていることに気づく」と、それはまるでホラー映画のあらすじのようだが、翼足類または翼足目として知られる海洋生物にとってはアメリカ西海岸沖で実際に起こっている出来事である。カラフトマス、サバ、ニシンの餌であり、海洋食物連鎖の全般を支える小さな海カタツムリ、翼足類の殻が海洋の炭素濃度上昇によって溶けている。


日本の害魚駆除に脅かされる新種のトビエイ
(07/16/2014) 北西太平洋で新種のトビエイが発見され、日本での呼び名に従ってナルトビエイ (Aetobatus narutobiei) 命名された。この種の存在は研究者の間で広く認知されていたが、200年以上にわたってロングヘッデッド・イーグルレイ (Aetobatus flagellum) と同一とされてきた。2種への再分類には、広域での保全上の大きな意義があると、新種記載を行ったPLOS ONE掲載の論文で述べられている。


グーグルの森林マップが明らかにしたマレーシアの世界で最も高い森林破壊率
(07/09/2014) グーグルと協力して開発された新しい地球規模の森林マップによると、2000年から2012年にかけて、森林破壊率が最も高かったのはマレーシアだった。


アルゼンチン・チャコ地域のジャガー、局所絶滅の瀬戸際に
(06/14/2014) ジャガー (Panthera onca) は南北アメリカ大陸で最大のネコ科動物で、北は米国南部の州から南はアルゼンチン北部まで生息している。かつてジャガーの分布域はさらに1500km南まで広がっていたが、生息地の縮小と人間活動の拡大によって後退した。種としてのジャガーはIUCNレッドリストで準絶滅危惧(NT)に区分されているが、ジャガーに迫る脅威の度合いは地域によって異なる。現在の分布域の南端である、アルゼンチンの個体群は、これまでも最も絶滅の危機にあると考えられていた。


今世紀「最大級」の動物学的発見:新種のバク
(05/28/2014) 21世紀の動物学における文字通り最大級の発見となるであろう、ブラジルとコロンビアに生息するバクの新種を発見したと、研究者たちが発表した。この新種の哺乳類は、科学界には未知の存在だったが、現地の先住民は以前から知っていた。南米では最大級の動物のひとつに数えられるが、それでも現生種のバクとしては最小の種だ。Journal of Mammalogy誌に掲載された記載論文で、研究者たちはこの新種のバクをTapirus kabomaniと命名した。現地のパウマリ語でバクを意味する「アラボ・カボマニ(Arabo kabomani)」にちなんだものだ。


日本、炭素排出削減ではなく増加を公約
(05/27/2014) 2009年、日本は11年以内に炭素排出量を1990年比で25%削減すると公約した。それから4年 (その間に福島の炉心溶融発生) 、日本はポーランド・ワルシャワでの国際連合気候サミットで排出量を2005年比で3.8%削減という新たなターゲット掲げ、目標を設定し直した。しかし金曜の発表時、広範囲に及んで激しい非難を受けたその新目標は、一般に受け入れられている1990年の基準値から見ると、排出量は実際3.1%の増加になる。


Google提携の高解像度森林マップで世界規模の森林破壊が明らかに
(05/23/2014) 世界規模の森林被覆の増減を明らかにする待望のツールを研究者たちが公表した。Googleの強力なクラウドコンピューティングを採用した、このインタラクティブ森林マップは、世界のあらゆる国、バイオーム、森林タイプにおける森林破壊と森林回復を定量化する新たな基準を確立した。


400%まで急拡大したアマゾン熱帯雨林における金採鉱
(05/13/2014) 金価格の高騰によって、森林を破壊し、地域の川を荒廃させながら、ペルーアマゾンの金採鉱面積が1999年から400パーセント急拡大したことが米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された新しい研究によってわかった。


世界の熱帯雨林

世界の熱帯雨林
熱帯雨林は世界中で他に類を見ない所です。また、地球の生態系および人間の存在に対して最高に重要です。 それらの生物多様性の点で比べるものが無いので、熱帯雨林は遺伝的多様性の自然な貯蔵所です。 それは、薬用植物の豊富な源であり、高利回りの食物、および無数の有用な他の林産品を提供します。 それらは移住する動物のための重要な生息地であり、多数の異なった、そして独自の先住民族の固有の文化と同様に、地球上の50パーセントの種を維持します。 熱帯雨林は、洪水、干ばつ、および浸食に対しての緩衝になり、熱帯雨林は、規則的な降雨の維持に加えて、全世界の天候を規制する際に、基本的な役割を果たします。それらは、かなりの量の世界の酸素を生産している間、莫大な量の炭素を格納します。

熱帯の雨林の構造
世界中の熱帯雨林は多様であるけれども、気候、降水、被覆構造、複雑な共生的な関係、および種類の多様性など、いくつかのよく表している特徴を共有します。すべての雨林は必ずしもこの特徴に対応するわけではなく、ほとんどの熱帯の雨林は明確な境界を持っているわけではありません。そのわけで隣接しているマングローブ森林、湿潤な森林、山地性の森林、熱帯脱落性森林と混合するかもしれません。

雨林多様性
雨林は地球の表面の2パーセント未満を覆うけれども、それらは地球のすべての生物の約50パーセントを収納します。 熱帯の雨林に住む生物の数は膨大なほど、約500万-5千万の種類、理解し難いぐらいです。 本当の数だけから、この森林について私達の知識が限られたを分かります。 例えば、しばしば、温帯林が、森林の木の90パーセントからなるの半ダース木種以下により占められるに対して、熱帯の雨林は単一のヘクタール(2.5エーカー)での480木種を超えます。 アマゾンの単一の低木は全体のイギリス諸島より多い蟻の種類を持つかもしれません。 雨林のこの多様性は無計画なイベントではない、一連のユニークな状況の結果です。

雨林林冠 序文
熱帯原生林は最低5つのレイヤーに垂直に分割されます: 上層、キャノピ、低木層、低木レイヤー、および林床。 個々のレイヤーは、それらのまわりの生態系と対話しているそれ自身のユニークな植物および動物性の種を持っています。 上層は、キャノピの残りの20-100フィート上で高騰する出現している木の冠を参照します。 キャノピは、密接に間隔をおいて配置された木およびそれらの枝の濃いシーリングである一方、低木層は、キャノピの下の壊されたレイヤーを成形するより広く間隔をおいて配置されて、より小さい木種および若い個人のための用語です。 低木レイヤーは、林床からほんの5-20フィート離れて成長する低木の種および若い木により特徴付けられています。 林床は、木、菌類、および低い成長植物の幹により構成されている森林のグラウンドレイヤーです。 これらのレイヤーはいつも別個であるわけではなく、森林から、森林けれども森林の生長力があるおよびマシンの構造のよいモデルとして役立つことに変わるかもしれ ません。

森床
熱帯の原生林雨林の林床は、めったに、映画と冒険物語の厚く、もつれたジャングルではありません。 それは実際、まったく反対物です: 地面は、たぶん過ぎて作成された深い暗闇のため植物について相対的に免れています 上の100フィート(30m)のキャノピ植物 。 キャノピは日光を阻止するだけではなく、風と雨を弱めます。 暴風雨の間の雨林への訪問者は直ちに通常落下雨を感じません。なぜなら、そんなに多くは様々なキャノピプラントによって屈折し、収集されるからです。 キャノピによる風のブロックは、熱帯の雷雨の間に最もわずかな微風だけが吹く所で林床を静かな場所にします。 抑制された明るくなる限界グラウンド成長以来 熱帯原生林でのハイキング 長刀より懐中電燈が有益であるかもしれない時。 チョーク植物の代わりに、訪問者は、大きい木幹、散在したぶら下げているぶどうの木とリアナ、および無数の若木と苗木および相対的に少しのグラウンド植物を見つけます。

雨林水域
熱帯の雨林は、それらの流域が受け取るすさまじい降水量のためアマゾン、マデイラ諸島、メコン、黒人、オリノコ、およびザイール(コンゴ)のように世界の最も大きい川のうちのいくつかを持っています。 これらのメガ川は、無数のより小さい支流、ストリーム、および小川により供給されます。 例えば、アマゾンだけが、約1,100の支流、1,000マイルを超える長さであることがある17を持っています。 大きな熱帯川は外観と水構成において公正に均一であるけれども、それらの支流は大いに変わります。 多くの熱帯の川とストリームが極端を高く持っていること、および年の種々の部分で起こる最低水位レベル。

雨林人々
熱帯の雨林は、長い間、彼らが生きている環境に基づいて文明と文化を形成した先住民に家でした。 大きい文明は、マヤ族、インカ人、およびアステカ族が開発されることを好み 複雑な社会 、科学への大きい寄与をしました。 それらの環境を支配するために、自然からテクノロジーを送り、欠くことによって、ネイティブの民族は、それらの環境を見て、雨林の複雑な事情を理解するのを学びました。 世代の上では、これらの人々はそれらの環境内の生活の重要性を学び、森林が提供できる無数の更新できる利点に頼るために来ました。

熱帯雨林の損失の原動力
このサイト最初の7つセクションでは、熱帯雨林は、信じられないほど生態系が豊富で、地球上の基礎的な機能の根本的な役割を果たすことを説明しています。熱帯雨林は、恐らく50パーセントの世界の生物種の本拠地であり、それらを、生物学遺伝資源の大規模な蔵書にします。さらに、熱帯雨林は、大気ガスを規制し降雨を安定させることにより気候を維持し、砂漠化から守り、そして多数の他の生態学的機能を提供します。

熱帯の森林伐採の世界中の結果
世界中の雨林はまだ倒れ続けます。 それは大した違いを生じさせますか? いくつかの植物 動物、キノコ、および微生物が滅びったら、なぜ誰か気遣うべきですか? 雨林はしばしば熱く、達しづらく、昆虫乗られるので、湿気が多く、とらえづらい野生生物を持っています。実際、懸念は、少しの植物と動物を失うことについてであるはずがありません; 人類はずっともっと負ける可能性があります。 熱帯の森林を破壊することによって、私達が、ライフ、気候の安定性を持つギャンブルおよびローカルな天候、恐れのありの私達自身の品質を思い切ってやってみること 他の種の存在 、および生物学の多様性によって提供される徐々に蝕み貴重なサービス。

熱帯の雨林を救う方法ー序文
今日の熱帯の雨林は地球の面から消えています。 国際的な懸念を育てるにもかかわらず、雨林は、1日あたり 80,000エーカー(32,000ヘクタール)を越えている ペースで破壊され続けます。 世界雨林被覆は、現在、約250万平方マイル(600万平方キロメートル)を、隣接している48米国またはオーストラリアのサイズについてのエリア、および世界の土地表面の象徴約5パーセント示します。 この残留エリアの多くは人の活動によって影響を与えられて、もうその完全なオリジナルの生物の多様性を保有しません。 熱帯の雨林の森林伐採は、種絶滅による グローバルなインパクト 重要な生態系サービスおよび更新できる資源の損失、および炭素流し台の縮小を持っています。 しかし、この破壊は遅くされて、停止し、場合によってはリバースすることさえできます。 ほとんどの人々は、問題が治療されなければならないことに合意するけれども、方法は、要塞化するほど簡単ではなく 残留雨林を取り囲む か、または材木貿易を禁止します。 もしそれらが使用と開発から完全に閉鎖されるならば、経済、政治的な、および社会的なプレッシャーは、雨林が持続することを可能にしません

熱帯魚

序文
導入
魚の解剖学
水化学
アクアリウム
アクアリウムの付属品
アクアリウムの維持
水中植物の心配
魚の食糧
魚の病気
病気の処置
繁殖の技術
保存

熱帯雨林って何







写真


アルゼンチン



オーストラリア



ベリーズ



ブータン



ボツワナ



ブラジル



ビルマ



カリフォルニア



カンボジア



中国



コロンビア



コスタリカ



クロアチア



エクアドル



ガボン



グランドキャニオン



グアテマラ



ホンジュラス



アイスランド



インド



インドネシア



イタリア



ヨルダン



カウアイ島



ケニア



ラオス



マダガスカル



マレーシア



マウイ島



メキシコ



モロッコ



ネパール



ニュージーランド



パナマ



ペルー



スロベニア



スリナム



タンザニア



タイ



ウガンダ



アメリカ合衆国



ユタ州



ベネズエラ




検索
トップ  |   世界の熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   熱帯淡水魚  |   写真  |   言語  |   モンガ・ベイ について  |   お問い合わせ

©2009 Rhett Butler