jp.mongabay.com
トップ  |   世界の熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   熱帯淡水魚  |   写真  |   言語  |   モンガ・ベイ について  |   お問い合わせ

環境ニュース

トロール漁業:破壊的な漁法で海底が”砂漠化”
(11/28/2014) 底引き網漁は世界中の商業漁業で使われている方法で、重いネットを海底に沈めて網の中に入ったものを全てすくう方法である。過去の調査では、トロール漁業を、”混獲”と総称される漁獲対象でない種の大量漁獲や、浅い海底の破壊など大きな環境への影響を関連付けている。 今回、米国科学アカデミー紀要に発表された新しい研究によれば、この漁法は、さらに深い海や海を越えて長期的で広範囲に渡る影響をもたらすと言う。


ジェーン・グドールがmongabayの一員に
(11/21/2014) 世界的に知られる著名な霊長類学者・自然保護活動家のジェーン・グドールが、mongabay.orgの顧問の一人として就任した。mongabay.orgは、熱帯林を中心とした環境・科学情報サイトmonbgabay.comの非営利部門だ。


かげりを見せない人口増加が地球温暖化と大量絶滅を加速させる
(10/13/2014) 世界人口が10億人を突破するには約20万年かかった。だが、わずか200年の間に人口は70億人になった。実際、ここ40年間は、約12年ごとに10億人が増加している。そして国連の予測によれば、今世紀末までにさらに40億人が増え、世界人口は110億人に達する見込みだ。


ビッグデータが森林を守る:Googleが支援する革新的システム
(10/01/2014) グローバル・フォレスト・ウォッチと呼ばれるこのプラットフォームは、40以上の団体が過去数年間にわたって開発してきたものだ。世界の森林に関する様々なビッグデータを利用して、インタラクティブマップやチャートを表示することで、森林破壊、森林回復、工業的林業の拡大の動向を知ることができる。


限界点に到達? 西南極、ゆっくりと止まることなく融解
(09/24/2014) 200年後の地球は全く異なって見えることだろう。今週発表された2つの重要な研究論文は、西南極の氷床が気候変動のあおりを受けて一見避けられない崩壊状態であることを明らかにした。ゆっくりとした崩壊はやがて地球規模で3.6~4.5メートル (12~15フィート) の海面上昇を自ずと引き起こし、世界の島々、低平地、沿岸都市の多くを氾濫させるだろう。


象牙取引の衝撃的な犠牲数:12年間で全世界のマルミミゾウの65%が虐殺 (警告: 刺激的な画像を含みます)
(09/04/2014) 環境保護論者たちは、過去10年間で、マルミミゾウはその象牙質の牙のために空前の虐殺にあっていると本日(2014年2月12日)ロンドンで発表した。密猟者によりマルミミゾウは年間に全個体数の9%という衝撃的な割合で殺され、全世界の65%のマルミミゾウが過去12年間に虐殺された。 同じアフリカゾウ属のアフリカゾウより知名度が低いが、2010年の遺伝学のある研究で、マルミミゾウは事実アフリカゾウとはアジアゾウとマンモスのようにかけ離れた種であることが明らかになった。


水面下の恐怖 : アメリカ沿岸沖で海洋生物の殻が溶ける
(07/29/2014) 「ある日人間は目を覚まし、身体の各部が大気中の化学変化によって溶けていることに気づく」と、それはまるでホラー映画のあらすじのようだが、翼足類または翼足目として知られる海洋生物にとってはアメリカ西海岸沖で実際に起こっている出来事である。カラフトマス、サバ、ニシンの餌であり、海洋食物連鎖の全般を支える小さな海カタツムリ、翼足類の殻が海洋の炭素濃度上昇によって溶けている。


日本の害魚駆除に脅かされる新種のトビエイ
(07/16/2014) 北西太平洋で新種のトビエイが発見され、日本での呼び名に従ってナルトビエイ (Aetobatus narutobiei) 命名された。この種の存在は研究者の間で広く認知されていたが、200年以上にわたってロングヘッデッド・イーグルレイ (Aetobatus flagellum) と同一とされてきた。2種への再分類には、広域での保全上の大きな意義があると、新種記載を行ったPLOS ONE掲載の論文で述べられている。


グーグルの森林マップが明らかにしたマレーシアの世界で最も高い森林破壊率
(07/09/2014) グーグルと協力して開発された新しい地球規模の森林マップによると、2000年から2012年にかけて、森林破壊率が最も高かったのはマレーシアだった。


アルゼンチン・チャコ地域のジャガー、局所絶滅の瀬戸際に
(06/14/2014) ジャガー (Panthera onca) は南北アメリカ大陸で最大のネコ科動物で、北は米国南部の州から南はアルゼンチン北部まで生息している。かつてジャガーの分布域はさらに1500km南まで広がっていたが、生息地の縮小と人間活動の拡大によって後退した。種としてのジャガーはIUCNレッドリストで準絶滅危惧(NT)に区分されているが、ジャガーに迫る脅威の度合いは地域によって異なる。現在の分布域の南端である、アルゼンチンの個体群は、これまでも最も絶滅の危機にあると考えられていた。


今世紀「最大級」の動物学的発見:新種のバク
(05/28/2014) 21世紀の動物学における文字通り最大級の発見となるであろう、ブラジルとコロンビアに生息するバクの新種を発見したと、研究者たちが発表した。この新種の哺乳類は、科学界には未知の存在だったが、現地の先住民は以前から知っていた。南米では最大級の動物のひとつに数えられるが、それでも現生種のバクとしては最小の種だ。Journal of Mammalogy誌に掲載された記載論文で、研究者たちはこの新種のバクをTapirus kabomaniと命名した。現地のパウマリ語でバクを意味する「アラボ・カボマニ(Arabo kabomani)」にちなんだものだ。


日本、炭素排出削減ではなく増加を公約
(05/27/2014) 2009年、日本は11年以内に炭素排出量を1990年比で25%削減すると公約した。それから4年 (その間に福島の炉心溶融発生) 、日本はポーランド・ワルシャワでの国際連合気候サミットで排出量を2005年比で3.8%削減という新たなターゲット掲げ、目標を設定し直した。しかし金曜の発表時、広範囲に及んで激しい非難を受けたその新目標は、一般に受け入れられている1990年の基準値から見ると、排出量は実際3.1%の増加になる。


Google提携の高解像度森林マップで世界規模の森林破壊が明らかに
(05/23/2014) 世界規模の森林被覆の増減を明らかにする待望のツールを研究者たちが公表した。Googleの強力なクラウドコンピューティングを採用した、このインタラクティブ森林マップは、世界のあらゆる国、バイオーム、森林タイプにおける森林破壊と森林回復を定量化する新たな基準を確立した。


400%まで急拡大したアマゾン熱帯雨林における金採鉱
(05/13/2014) 金価格の高騰によって、森林を破壊し、地域の川を荒廃させながら、ペルーアマゾンの金採鉱面積が1999年から400パーセント急拡大したことが米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された新しい研究によってわかった。


インドネシア・マレーシアの森林、20年で350万ヘクタールがパーム油目的に開発
(05/05/2014) インドネシア、マレーシア、パプアニューギニアの約350万ヘクタールの森林が、1990年から2010年の間に油ヤシプランテーションに転換されたという包括的な調査結果を、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)が公表した。


マレーシアの消えゆく熱帯林から違法木材を買い続ける日本企業
(04/30/2014) 日本企業はサプライチェーンから違法伐採木材を排除できていないことを、国際的な人権・環境問題の監視を行うGlobal Witnessが報告書で明らかにした。この報告書は、複数の日本の大企業と、サラワク州で違法な破壊的伐採を行いマレーシア領ボルネオの熱帯雨林を破壊している木材会社との関連が指摘した。


コスタリカ、森林伐採禁止で成果
(04/14/2014) コスタリカにおける成熟林の皆伐の禁止は、農地拡大を森林以外の土地に向ける効果をもたらしたようだと、学術誌Environmental Research Letters掲載の論文が報告している。


コンゴ盆地周辺諸国における森林減少率の低下
(04/03/2014) 学術論文誌「Philosophical Transactions of the Royal Society B 」で発表された 18本の論文 から成るコンゴ盆地の熱帯雨林に関する新しい研究によれば、この10年間でコンゴ民主共和国の森林開拓率が急上昇したにも関わらず、コンゴ盆地周辺諸国での森林減少率は低下した。


マダガスカルで新たに発見されたキツネザルが、残り50匹 (写真)
(03/28/2014) 研究者たちは、マダガスカル島で絶滅危惧IA類である新種のキツネザルを発見した。その霊長類については、雑誌「分子系統学と進化論」で正式に紹介されている。


オオアルマジロは重要な生態系エンジニア
(03/21/2014) オオアルマジロ (Priodontes maximus) は正真正銘の巨獣だ。体重は大型犬ほどもあり、体長は世界最大のリクガメを越える。だがその巨体にもかかわらず、アマゾン流域からパンタナールにかけての生息域に住む人々の多くはオオアルマジロの存在を知らず、伝説上の生き物だと思っている人すらいる。科学研究はおろか、そもそも人の注目を浴びることすらなかったのは、大型哺乳類には珍しい。しかし、生物学者アルナウド・デスビエスが世界初のオオアルマジロの長期研究に果敢に挑んだおかげで、この謎に満ちた生き物に関して多くの新しい知見がもたらされた。デスビエスは初めてオオアルマジロの繁殖を記録し、さらにはこの穏やかな巨獣が、さまざまな他種の生物にとって不可欠な生息環境を作り出していることを発見したのだ。


違法な野生動物取引に緊急対策を 動物園が各国政府に要請
(03/03/2014) 3月のある一夜にうちに、重武装し馬に乗った密猟者の一団がチャド南部で89頭のゾウを虐殺した。うち30頭は妊娠したメスだった。この惨劇は2013年に起きた中で最悪の密猟事件だったが、2012年にカメルーンの国立公園で650頭のゾウが殺された事件の前にはそれすら霞んでみえる。ゾウの密猟は過去最悪の状況で、専門家は毎年3万頭が象牙のために殺されているという。その上、年190億ドル規模と推定される違法な野生動物取引の犠牲になるのはゾウだけではない。サイ、大型ネコ科、大型類人猿、さらにはセンザンコウやスローロリスといった馴染みのない無数の種もそうだ。止まらない殺戮に対し、40以上の動物園と多数の野生動物保護プログラムの代表者が集い、長く放置されてきた野生動物関連犯罪への緊急対策を世界各国の政府に要請した。


狩猟・伐採が、主要動物を死滅させ、長期にわたりコンゴ共和国の森林の健全性を脅かす
(02/21/2014) 森林に生息するゾウ・ゴリラ・レイヨウ・他の種子散布生物に対する持続不可能な狩猟は、コンゴ盆地の熱帯雨林の健全性と復元力に長期的な影響を及ぼす可能性があると、王立協会が発行する学術論文誌「フィロソフィカル・トランザクションB」の特集号で発表された研究論文で警告している。


マレーシア領ボルネオで熱帯雨林の80%が伐採
(02/10/2014) 商業伐採と伐採道路の規模を算定する網羅的研究により、わずか30年前には地球上で最も手つかずの場所とされていたマレーシア領ボルネオで、熱帯雨林の80%が伐採による深刻な打撃を受けていることが明らかになった。 この研究はタスマニア大学、パプアニューギニア大学、カーネギー研究所の研究者が共同で行ったもので、分析には衛星画像データから森林伐採・森林劣化を算定するための無料プラットフォームであるカーネギー・ランドサット分析システム・ライト(CLASlite)が用いられた。研究で算定されたのは2009年時点の森林の状況である。


アマゾン熱帯雨林で森林伐採率が倍増
(01/07/2014) ブラジルのNGO、Imazonの最新の推計によると、ブラジルのアマゾン地域における森林伐採率は前年比103%増となった。


ブラジルで発見された“ペニス スネーク” 実は両生類の希少種 だった
(12/20/2013) アマゾンのダム建設工事に携わるエンジニアが発見したこの生物は、手足のない両生類、アシナシイモリの一種である。ミミズのようであり、男性の体の一部に似ていると思う人もいるだろう。


グリーンピースが、インドネシアでの煙霧と火災の劇的な光景を公開する(写真にて)
(12/12/2013) 黒い煙霧を解き放ち、さらにシンガポールとマレーシア全域に健康を害する可能性があるとの警戒を促している泥炭火災。グリーンピースはこの火災現場での一連の写真を公開した。


石炭燃焼に奪われる25億年分の中国の平均余命
(12/10/2013) 域内の膨大な量の石炭燃料使用により、淮河以北の中国人の平均余命が合計で25億年分失われることが、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文で明らかになった。


南米で「ペニス・スネーク」の親戚を発見
(11/26/2013) イモムシ型の両生類であるアシナシイモリの新種が仏領ギアナの熱帯雨林で発見された。この種は Microcaecilia dermatophaga(「皮膚を食べる小型のアシナシイモリ」の意)と命名された。幼体が母親の皮膚を剥がして食べるという習性にちなむ。母親は幼体の発達のこの時期に脂肪分の多い特別な皮膚層を形成するため、皮膚を食べられても傷を負うことはない。成体のアシナシイモリはシロアリやミミズを食べ、生涯のほとんどを熱帯の土の中や落葉層の中で過ごす。


アフリカの出生率が、世界人口を110億人に追い込む可能性
(11/13/2013) 国際連合の最新の報告書によると、アフリカでの出生率が衰退しなければ、世紀末に地球上の人口はさらに40億人増加する可能性があるという。現在アフリカ大陸には10.1億近くの人が暮らしているが、2100年には40.2億人(380%の上昇)まで急増するらしい。そのことから地球人口は110億人に達することが見込まれている。


シンガポール、大気汚染が過去最悪の水準に 政府はスマトラ島の油ヤシ・木材プランテーションが原因と主張
(11/04/2013) スマトラ島のプランテーション、泥炭地、森林で猛威を振るい続ける火災が引き起こすヘイズにより、シンガポールの汚染物質基準指標(PSI)が過去最悪の水準に達した。


世界の熱帯雨林

世界の熱帯雨林
熱帯雨林は世界中で他に類を見ない所です。また、地球の生態系および人間の存在に対して最高に重要です。 それらの生物多様性の点で比べるものが無いので、熱帯雨林は遺伝的多様性の自然な貯蔵所です。 それは、薬用植物の豊富な源であり、高利回りの食物、および無数の有用な他の林産品を提供します。 それらは移住する動物のための重要な生息地であり、多数の異なった、そして独自の先住民族の固有の文化と同様に、地球上の50パーセントの種を維持します。 熱帯雨林は、洪水、干ばつ、および浸食に対しての緩衝になり、熱帯雨林は、規則的な降雨の維持に加えて、全世界の天候を規制する際に、基本的な役割を果たします。それらは、かなりの量の世界の酸素を生産している間、莫大な量の炭素を格納します。

熱帯の雨林の構造
世界中の熱帯雨林は多様であるけれども、気候、降水、被覆構造、複雑な共生的な関係、および種類の多様性など、いくつかのよく表している特徴を共有します。すべての雨林は必ずしもこの特徴に対応するわけではなく、ほとんどの熱帯の雨林は明確な境界を持っているわけではありません。そのわけで隣接しているマングローブ森林、湿潤な森林、山地性の森林、熱帯脱落性森林と混合するかもしれません。

雨林多様性
雨林は地球の表面の2パーセント未満を覆うけれども、それらは地球のすべての生物の約50パーセントを収納します。 熱帯の雨林に住む生物の数は膨大なほど、約500万-5千万の種類、理解し難いぐらいです。 本当の数だけから、この森林について私達の知識が限られたを分かります。 例えば、しばしば、温帯林が、森林の木の90パーセントからなるの半ダース木種以下により占められるに対して、熱帯の雨林は単一のヘクタール(2.5エーカー)での480木種を超えます。 アマゾンの単一の低木は全体のイギリス諸島より多い蟻の種類を持つかもしれません。 雨林のこの多様性は無計画なイベントではない、一連のユニークな状況の結果です。

雨林林冠 序文
熱帯原生林は最低5つのレイヤーに垂直に分割されます: 上層、キャノピ、低木層、低木レイヤー、および林床。 個々のレイヤーは、それらのまわりの生態系と対話しているそれ自身のユニークな植物および動物性の種を持っています。 上層は、キャノピの残りの20-100フィート上で高騰する出現している木の冠を参照します。 キャノピは、密接に間隔をおいて配置された木およびそれらの枝の濃いシーリングである一方、低木層は、キャノピの下の壊されたレイヤーを成形するより広く間隔をおいて配置されて、より小さい木種および若い個人のための用語です。 低木レイヤーは、林床からほんの5-20フィート離れて成長する低木の種および若い木により特徴付けられています。 林床は、木、菌類、および低い成長植物の幹により構成されている森林のグラウンドレイヤーです。 これらのレイヤーはいつも別個であるわけではなく、森林から、森林けれども森林の生長力があるおよびマシンの構造のよいモデルとして役立つことに変わるかもしれ ません。

森床
熱帯の原生林雨林の林床は、めったに、映画と冒険物語の厚く、もつれたジャングルではありません。 それは実際、まったく反対物です: 地面は、たぶん過ぎて作成された深い暗闇のため植物について相対的に免れています 上の100フィート(30m)のキャノピ植物 。 キャノピは日光を阻止するだけではなく、風と雨を弱めます。 暴風雨の間の雨林への訪問者は直ちに通常落下雨を感じません。なぜなら、そんなに多くは様々なキャノピプラントによって屈折し、収集されるからです。 キャノピによる風のブロックは、熱帯の雷雨の間に最もわずかな微風だけが吹く所で林床を静かな場所にします。 抑制された明るくなる限界グラウンド成長以来 熱帯原生林でのハイキング 長刀より懐中電燈が有益であるかもしれない時。 チョーク植物の代わりに、訪問者は、大きい木幹、散在したぶら下げているぶどうの木とリアナ、および無数の若木と苗木および相対的に少しのグラウンド植物を見つけます。

雨林水域
熱帯の雨林は、それらの流域が受け取るすさまじい降水量のためアマゾン、マデイラ諸島、メコン、黒人、オリノコ、およびザイール(コンゴ)のように世界の最も大きい川のうちのいくつかを持っています。 これらのメガ川は、無数のより小さい支流、ストリーム、および小川により供給されます。 例えば、アマゾンだけが、約1,100の支流、1,000マイルを超える長さであることがある17を持っています。 大きな熱帯川は外観と水構成において公正に均一であるけれども、それらの支流は大いに変わります。 多くの熱帯の川とストリームが極端を高く持っていること、および年の種々の部分で起こる最低水位レベル。

雨林人々
熱帯の雨林は、長い間、彼らが生きている環境に基づいて文明と文化を形成した先住民に家でした。 大きい文明は、マヤ族、インカ人、およびアステカ族が開発されることを好み 複雑な社会 、科学への大きい寄与をしました。 それらの環境を支配するために、自然からテクノロジーを送り、欠くことによって、ネイティブの民族は、それらの環境を見て、雨林の複雑な事情を理解するのを学びました。 世代の上では、これらの人々はそれらの環境内の生活の重要性を学び、森林が提供できる無数の更新できる利点に頼るために来ました。

熱帯雨林の損失の原動力
このサイト最初の7つセクションでは、熱帯雨林は、信じられないほど生態系が豊富で、地球上の基礎的な機能の根本的な役割を果たすことを説明しています。熱帯雨林は、恐らく50パーセントの世界の生物種の本拠地であり、それらを、生物学遺伝資源の大規模な蔵書にします。さらに、熱帯雨林は、大気ガスを規制し降雨を安定させることにより気候を維持し、砂漠化から守り、そして多数の他の生態学的機能を提供します。

熱帯の森林伐採の世界中の結果
世界中の雨林はまだ倒れ続けます。 それは大した違いを生じさせますか? いくつかの植物 動物、キノコ、および微生物が滅びったら、なぜ誰か気遣うべきですか? 雨林はしばしば熱く、達しづらく、昆虫乗られるので、湿気が多く、とらえづらい野生生物を持っています。実際、懸念は、少しの植物と動物を失うことについてであるはずがありません; 人類はずっともっと負ける可能性があります。 熱帯の森林を破壊することによって、私達が、ライフ、気候の安定性を持つギャンブルおよびローカルな天候、恐れのありの私達自身の品質を思い切ってやってみること 他の種の存在 、および生物学の多様性によって提供される徐々に蝕み貴重なサービス。

熱帯の雨林を救う方法ー序文
今日の熱帯の雨林は地球の面から消えています。 国際的な懸念を育てるにもかかわらず、雨林は、1日あたり 80,000エーカー(32,000ヘクタール)を越えている ペースで破壊され続けます。 世界雨林被覆は、現在、約250万平方マイル(600万平方キロメートル)を、隣接している48米国またはオーストラリアのサイズについてのエリア、および世界の土地表面の象徴約5パーセント示します。 この残留エリアの多くは人の活動によって影響を与えられて、もうその完全なオリジナルの生物の多様性を保有しません。 熱帯の雨林の森林伐採は、種絶滅による グローバルなインパクト 重要な生態系サービスおよび更新できる資源の損失、および炭素流し台の縮小を持っています。 しかし、この破壊は遅くされて、停止し、場合によってはリバースすることさえできます。 ほとんどの人々は、問題が治療されなければならないことに合意するけれども、方法は、要塞化するほど簡単ではなく 残留雨林を取り囲む か、または材木貿易を禁止します。 もしそれらが使用と開発から完全に閉鎖されるならば、経済、政治的な、および社会的なプレッシャーは、雨林が持続することを可能にしません

熱帯魚

序文
導入
魚の解剖学
水化学
アクアリウム
アクアリウムの付属品
アクアリウムの維持
水中植物の心配
魚の食糧
魚の病気
病気の処置
繁殖の技術
保存

熱帯雨林って何







写真


アルゼンチン



オーストラリア



ベリーズ



ブータン



ボツワナ



ブラジル



ビルマ



カリフォルニア



カンボジア



中国



コロンビア



コスタリカ



クロアチア



エクアドル



ガボン



グランドキャニオン



グアテマラ



ホンジュラス



アイスランド



インド



インドネシア



イタリア



ヨルダン



カウアイ島



ケニア



ラオス



マダガスカル



マレーシア



マウイ島



メキシコ



モロッコ



ネパール



ニュージーランド



パナマ



ペルー



スロベニア



スリナム



タンザニア



タイ



ウガンダ



アメリカ合衆国



ユタ州



ベネズエラ




検索
トップ  |   世界の熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   熱帯淡水魚  |   写真  |   言語  |   モンガ・ベイ について  |   お問い合わせ

©2009 Rhett Butler