tag:jp.mongabay.com,2005:/news Mongabay.com News 2015-07-06T12:27:00Z tag:jp.mongabay.com,2005:Article/15085 2015-07-06T12:18:00Z 2015-07-06T12:27:00Z アフリカ産の原料を使った食品コーティングで食品ロスを削減 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0512_LParshley_GumAgaric_Lab_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>サハラ以南のアフリカでは、1個のトマトや1個のキャッサバを食べるごとに、別の1個が捨てられている。すべての青果類のうち、半分近くが食卓に乗ることなく廃棄されるのだ。冷蔵技術や安定した電力がなく、サプライチェーンが長く予測不能であるため、アフリカでは食品を新鮮に保つのが難しい。しかし、同じアフリカで生産される樹脂、アラビアゴムを使った新たな食品コーティングが、この問題の解決に役立つかもしれない。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/15080 2015-07-03T10:48:00Z 2015-07-03T10:54:11Z ベリーズの海の景勝地に海洋掘削計画 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0526_MWatsa_BigBlueHole_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>AP通信によるとベリーズ政府はベリーズの大部分の海域を石油・ガスの海洋掘削に開放することを提案した。この領域には、7つのユネスコ世界遺産が含まれている。今のところ同国は自発的に掘削を停止している。 Maria Salazar 17.326715 -87.531424 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14994 2015-06-18T11:08:00Z 2015-06-18T11:20:26Z ボルネオ島の熱帯雨林、1973年以降30%が消滅 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/14/borneo-forest-cover-map150.jpg" align="left"/></td></tr></table>ボルネオ島の熱帯雨林はこの40年間で火災、産業伐採、植林地の拡大などを理由に30%以上が消滅している(詳しくはボルネオ島の森林について最も総合的な分析を提供するニュー・スタディを)。オープンアクセスの科学誌「PLOS ONE」に掲載された研究は、手付かずで残るボルネオの低地熱帯林が全体のわずか4分の1余りであることを明らかにする。 Maria Salazar 0.900842 114.803696 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14992 2015-06-18T10:56:00Z 2015-06-18T11:03:42Z マウイイルカの個体数、ついに 50 頭を切る <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0605_BKessler_MauisDolphin_Jump_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>2つの新たな報告書がマウイイルカの危機をとりあげた。そこで示された現在のデータによれば、個体数は過去最低に落ち込み、生存個体は47頭に満たない。報告書はサンディエゴで6/3まで行われた国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会会合で公表された。 Maria Salazar -38.853694 175.688381 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14981 2015-06-17T08:46:00Z 2015-06-17T11:48:26Z 食糧安全保障の向上には森林に注目―新たに報告 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0508_MGowarecki_Cashews_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>同報告書によれば、約8億5百万人―世界全体の9人に1人―が、主にアフリカとアジアで、栄養不足の状態にあり、同時に世界の12億から15億の人々が、食事や生計のすべてあるいは大部分を森林に依存している。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14961 2015-06-15T10:39:00Z 2015-06-15T10:47:02Z 野生動物の密猟危機の解決策に最大50万ドルの賞金 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/i/animals/150/animals_05059.jpg" align="left"/></td></tr></table>その闘いの最前線に、複数の団体による共同イニシアティブが発足した。野生動物犯罪テック・チャレンジは、野生動物取引による被害を防ぐのに役立つ科学技術イノベーションへの投資を呼びかけ、活性化させるためのものだ。この取り組みは、米国国際開発庁(USAID)、ナショナル・ジオグラフィック協会、スミソニアン研究所、TRAFFICが支援している。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14934 2015-06-10T14:44:00Z 2015-06-10T14:55:53Z 船籍国は漁船の海外での違法操業の法的責任を負う―国際裁判所が裁定 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0519_MKaye_TaiwaneseVessel_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>国際海洋法裁判所は4月、船籍国は漁船の行為に関して海外操業も含めて責任を負うとの裁定を下した。その内容は、「船籍国」は認可した船舶が外国の法令に従うよう「適切な配慮」をしなければならない、というものである。これに違反した場合、船籍国は、その船舶が違法・無報告・無規制(IUU)手段で漁獲を行った国から提訴される可能性がある。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14850 2015-05-25T15:28:00Z 2015-05-25T15:55:41Z カンボジアからの追放後、ダム建設を阻止するために国外で闘い続ける活動家 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-imgs.s3.amazonaws.com/15/0505_RHarbinson_Tree_Thumbnail.jpg" align="left"/></td></tr></table>2月23日、午後5時、カンボジアの環境保護団体マザー・ネイチャーの創設者、アレハンドロ・ゴンザレス-ダビッドソン氏が主要な支持者とメディアのメンバーに送ったテキストにはこうあった。同氏はこのメッセージを、拘留されているプノンペン国際空港の移民局事務所から送信した。 Maria Salazar 11.986773 103.419316 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14837 2015-05-21T10:07:00Z 2015-05-21T10:16:43Z 銃は木をも殺す:過剰な狩猟により樹木が絶滅の危機に <table align="left"><tr><td><img src=" http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/1112.moonbear.BEAR2.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>アジアクロクマ(Ursus thibetanus)はツキノワグマとも呼ばれ、タイにおいてMiliusa horsefieldiiなどの樹木の重要な種子散布者である。この個体はカメラトラップで撮影された。最新研究により、このクマのような種が狩り尽くされると、熱帯の樹木は絶滅の危機に陥ることがわかった。写真:Dusit Ngoprasert、モンクット王工科大学トンブリー校保全生態学プログラム. Maria Salazar 15.396805 99.164255 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14762 2015-05-07T14:43:00Z 2015-05-07T14:50:33Z 昨年殺された環境活動家の数は、2割も急増 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0415.murders.activists.gwreport.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>グローバル・ウィットネスが新たに発表した、気のめいるような報告によると、昨年暗殺や故意の殺人で命を失ったり、裁判もなしに殺された環境活動家は2割も増加した。報告では、2014年には17の国で116人が殺されており、その数はブラジルで最も多く、29人の環境活動家や大地保全活動家が殺害されている。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14741 2015-05-05T15:32:00Z 2015-05-08T10:44:04Z ペルーの森林のターニングポイント? ノルウェーとドイツが画期的合意を後押し <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay/peru/150/manu_0728.jpg" align="left"/></td></tr></table>アンデスからアマゾンまで、ペルーには世界有数の驚異的な森林が広がる。ペルーアマゾンの奥地には誇り高く多様な文化を持つ先住民たちが住み、その中には外部の世界との接触を極力避けることを選んだ人々もいる。そして、研究者たちがこれまで名づけてきた、落葉層から林冠までを住みかとする何万種にもおよぶ生物に加え、いまも無数の未発見の生物種が生息している。 Maria Salazar -13.256860 -68.993973 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14721 2015-05-01T11:52:00Z 2015-05-01T12:01:49Z 思い切った手段なくしては、世界人口の爆発的増加は「不可避」 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/1201.train.image_1.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>最近のいくつかの推定によれば、今世紀の終わりまでに、世界の人口は100億人を超える可能性があるという。ごく最近、とめどない人口増加の流れを変え、人口を存続可能で、生物多様性と生態系を脅かす恐れの少ないレベルとするのに必要なことは何か、を研究した結果が発表された。研究者らは、世界的な破局を避けたければ、この人口増加の流れを転換する唯一の手段は、数十年以内に一人っ子政策を、世界的規模で行うことだ、と述べている。 Maria Salazar tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14607 2015-04-08T11:09:00Z 2015-04-08T11:52:18Z ジェーン・グドール:地球の未来に希望を抱く5つの理由 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/14/1119jane-freud150.jpg" align="left"/></td></tr></table>こうした名声を得るまでに彼女がたどった道のりは、ユニークで驚くべきものだ。母親から「決してあきらめない」ことを教わった彼女は、20代で子供の頃からの夢に踏み出した:アフリカで動物たちと生きることにしたのだ。26歳になる頃には、彼女はそれに専念していた。著名な人類学者ルイス・リーキーに見出された彼女は、タンザニアのゴンベに派遣され、世界初の野生チンパンジーの長期行動研究を行った。学士号すら持っていなかったグドールが、チンパンジーの群れに受け入れられた唯一の人物となったのだ。彼女の研究は、私たちに最も近い親戚についての、深遠で議論を呼ぶ洞察をもたらした。道具を使用するのはヒトだけではないことを発見し、それはやがて、ヒト以外の動物が持つ「文化」を定義し記録するという、広範な科学の潮流への貢献にもつながった。グドールが数多くの栄誉のうちの最初の一つを勝ち取ったのがこの頃だ。 Maria Salazar -4.701242 29.616242 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14554 2015-03-30T12:33:00Z 2015-03-30T12:57:02Z 消滅しかけている老生林をどう守る? <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/sabah_1454.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>今まで人間の手によって工業伐採、または開墾されたことのない原生林は地球上に存在しない。原生林に共通する特徴は古木でかなりの枯れ枝、林冠陰を原因とする少ない下生え、生物多様性が高い(他の場所では発見することのできない多くの種を含む)などである。原生林は柱のような木々やカーペットみたいな下草のため、しばしば大聖堂などと描写されている。科学誌「コンサベーション・レターズ」の最新論文によると、原生林 (老生林としても知られる) が毎年減少し続けているにもかかわらず、政策立案者たちはそれを食い止める十分な活動をしていない。 Maria Salazar 5.159093 116.924597 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14228 2015-01-07T15:22:00Z 2015-01-07T15:36:05Z 過去10年間でセンザンコウが屠殺された数は100万頭を超えた <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0728.Phataginus_tricuspis_APWG_2.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストによると、世界の珍獣を代表するある動物群が完全な絶滅の危機に瀕しているという。センザンコウはその外見や行動から鱗のあるアリクイともいわれるがアリクイとは別の分類であり、東アジアでの盛んな取引により違法に消費され絶滅の危機へと追いやられている。最新のレッドリストにはセンザンコウの8種全てが絶滅の恐れがある状態として示されており、特にその内の2種であるミミセンザンコウとマレーセンザンコウは現在絶滅危惧IA類として区分されている。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14112 2014-12-04T17:20:00Z 2014-12-04T17:36:15Z 無傷で残存する生物多様性ホットスポットは僅か15% <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0714.Atlantic-Rainforest-Intervales.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>残存する原生植生の衝撃的な新分析によると、世界にある35ヶ所の生物多様性ホットスポット (地球上の絶滅危機にひんした陸上脊椎動物の75%が潜伏している) は、予想以上の苦境に陥っている。野生生物の宝庫として知られるマダガスカルや熱帯アンデス、スンダランド (ボルネオ島、ジャワ島、スマトラ島、マレー半島) など、生物多様性ホットスポットに残された無傷の自然植生は全体で15%以下である。さらに悪いことに、半数近くの生物多様性ホットスポットが残存する原性植生10%以下、その内5ヶ所は5%以下となっている。 Brittany Stewart -24.263585 -48.415697 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14082 2014-11-28T12:19:00Z 2014-11-28T12:43:50Z トロール漁業:破壊的な漁法で海底が”砂漠化” <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/14/0528-nematode-thumb.jpg" align="left"/></td></tr></table>底引き網漁は世界中の商業漁業で使われている方法で、重いネットを海底に沈めて網の中に入ったものを全てすくう方法である。過去の調査では、トロール漁業を、”混獲”と総称される漁獲対象でない種の大量漁獲や、浅い海底の破壊など大きな環境への影響を関連付けている。 今回、米国科学アカデミー紀要に発表された新しい研究によれば、この漁法は、さらに深い海や海を越えて長期的で広範囲に渡る影響をもたらすと言う。 Brittany Stewart -0.010986 -20.714111 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/14059 2014-11-21T22:07:00Z 2014-11-21T22:19:03Z ジェーン・グドールがmongabayの一員に <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/AP0299-32-LR.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>世界的に知られる著名な霊長類学者・自然保護活動家のジェーン・グドールが、mongabay.orgの顧問の一人として就任した。mongabay.orgは、熱帯林を中心とした環境・科学情報サイトmonbgabay.comの非営利部門だ。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13904 2014-10-13T20:14:00Z 2014-10-15T18:15:18Z かげりを見せない人口増加が地球温暖化と大量絶滅を加速させる <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0626.strike-51212_640.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>世界人口が10億人を突破するには約20万年かかった。だが、わずか200年の間に人口は70億人になった。実際、ここ40年間は、約12年ごとに10億人が増加している。そして国連の予測によれば、今世紀末までにさらに40億人が増え、世界人口は110億人に達する見込みだ。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13853 2014-10-01T16:44:00Z 2014-10-01T16:54:23Z ビッグデータが森林を守る:Googleが支援する革新的システム <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/14/0220wri01_150.jpg" align="left"/></td></tr></table>グローバル・フォレスト・ウォッチと呼ばれるこのプラットフォームは、40以上の団体が過去数年間にわたって開発してきたものだ。世界の森林に関する様々なビッグデータを利用して、インタラクティブマップやチャートを表示することで、森林破壊、森林回復、工業的林業の拡大の動向を知ることができる。 Brittany Stewart 38.899016 -77.008048 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13825 2014-09-24T17:32:00Z 2014-09-24T17:40:25Z 限界点に到達? 西南極、ゆっくりと止まることなく融解 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0514.800px-Antarctic_Sea_Ice_-_Amundsen_Sea.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>200年後の地球は全く異なって見えることだろう。今週発表された2つの重要な研究論文は、西南極の氷床が気候変動のあおりを受けて一見避けられない崩壊状態であることを明らかにした。ゆっくりとした崩壊はやがて地球規模で3.6~4.5メートル (12~15フィート) の海面上昇を自ずと引き起こし、世界の島々、低平地、沿岸都市の多くを氾濫させるだろう。 Brittany Stewart -75.499942 -106.750365 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13740 2014-09-04T19:15:00Z 2014-09-04T19:24:19Z 象牙取引の衝撃的な犠牲数:12年間で全世界のマルミミゾウの65%が虐殺 (警告: 刺激的な画像を含みます) 環境保護論者たちは、過去10年間で、マルミミゾウはその象牙質の牙のために空前の虐殺にあっていると本日(2014年2月12日)ロンドンで発表した。密猟者によりマルミミゾウは年間に全個体数の9%という衝撃的な割合で殺され、全世界の65%のマルミミゾウが過去12年間に虐殺された。 同じアフリカゾウ属のアフリカゾウより知名度が低いが、2010年の遺伝学のある研究で、マルミミゾウは事実アフリカゾウとはアジアゾウとマンモスのようにかけ離れた種であることが明らかになった。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13598 2014-07-29T16:37:00Z 2014-07-29T16:48:01Z 水面下の恐怖 : アメリカ沿岸沖で海洋生物の殻が溶ける <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0508.LimacinaHelicinaNOAA.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>「ある日人間は目を覚まし、身体の各部が大気中の化学変化によって溶けていることに気づく」と、それはまるでホラー映画のあらすじのようだが、翼足類または翼足目として知られる海洋生物にとってはアメリカ西海岸沖で実際に起こっている出来事である。カラフトマス、サバ、ニシンの餌であり、海洋食物連鎖の全般を支える小さな海カタツムリ、翼足類の殻が海洋の炭素濃度上昇によって溶けている。 Brittany Stewart 34.549557 -120.797515 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13552 2014-07-16T16:55:00Z 2014-07-16T17:03:05Z 日本の害魚駆除に脅かされる新種のトビエイ <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/14/0130.neweagleray.head.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>北西太平洋で新種のトビエイが発見され、日本での呼び名に従ってナルトビエイ (<i>Aetobatus narutobiei</i>) 命名された。この種の存在は研究者の間で広く認知されていたが、200年以上にわたってロングヘッデッド・イーグルレイ (<i>Aetobatus flagellum</i>) と同一とされてきた。2種への再分類には、広域での保全上の大きな意義があると、新種記載を行ったPLOS ONE掲載の論文で述べられている。 Brittany Stewart 32.62781 130.077667 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13520 2014-07-09T19:26:00Z 2014-07-09T19:51:36Z グーグルの森林マップが明らかにしたマレーシアの世界で最も高い森林破壊率 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/1115-malaysian-borneo150.gif" align="left"/></td></tr></table>グーグルと協力して開発された新しい地球規模の森林マップによると、2000年から2012年にかけて、森林破壊率が最も高かったのはマレーシアだった。 Brittany Stewart 3.414725 114.223137 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13388 2014-06-14T16:15:00Z 2014-06-14T16:45:27Z アルゼンチン・チャコ地域のジャガー、局所絶滅の瀬戸際に <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/1216jaguar150.jpg" align="left"/></td></tr></table>ジャガー (<i>Panthera onca</i>) は南北アメリカ大陸で最大のネコ科動物で、北は米国南部の州から南はアルゼンチン北部まで生息している。かつてジャガーの分布域はさらに1500km南まで広がっていたが、生息地の縮小と人間活動の拡大によって後退した。種としてのジャガーはIUCNレッドリストで準絶滅危惧(NT)に区分されているが、ジャガーに迫る脅威の度合いは地域によって異なる。現在の分布域の南端である、アルゼンチンの個体群は、これまでも最も絶滅の危機にあると考えられていた。 Brittany Stewart -26.667096 -60.959474 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13302 2014-05-28T19:56:00Z 2014-05-28T20:15:14Z 今世紀「最大級」の動物学的発見:新種のバク <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/1216.newtapir.SUNP0052.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>21世紀の動物学における文字通り最大級の発見となるであろう、ブラジルとコロンビアに生息するバクの新種を発見したと、研究者たちが発表した。この新種の哺乳類は、科学界には未知の存在だったが、現地の先住民は以前から知っていた。南米では最大級の動物のひとつに数えられるが、それでも現生種のバクとしては最小の種だ。Journal of Mammalogy誌に掲載された記載論文で、研究者たちはこの新種のバクをTapirus kabomaniと命名した。現地のパウマリ語でバクを意味する「アラボ・カボマニ(Arabo kabomani)」にちなんだものだ。 Brittany Stewart -4.609278 -69.810333 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13293 2014-05-27T19:47:00Z 2014-05-27T19:52:01Z 日本、炭素排出削減ではなく増加を公約 2009年、日本は11年以内に炭素排出量を1990年比で25%削減すると公約した。それから4年 (その間に福島の炉心溶融発生) 、日本はポーランド・ワルシャワでの国際連合気候サミットで排出量を2005年比で3.8%削減という新たなターゲット掲げ、目標を設定し直した。しかし金曜の発表時、広範囲に及んで激しい非難を受けたその新目標は、一般に受け入れられている1990年の基準値から見ると、排出量は実際3.1%の増加になる。 Brittany Stewart 35.689649 139.777565 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13278 2014-05-23T13:44:00Z 2014-05-23T14:13:14Z Google提携の高解像度森林マップで世界規模の森林破壊が明らかに <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/1114-umd150.gif" align="left"/></td></tr></table>世界規模の森林被覆の増減を明らかにする待望のツールを研究者たちが公表した。Googleの強力なクラウドコンピューティングを採用した、このインタラクティブ森林マップは、世界のあらゆる国、バイオーム、森林タイプにおける森林破壊と森林回復を定量化する新たな基準を確立した。 Brittany Stewart 37.422032 -122.084039 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13218 2014-05-13T16:14:00Z 2014-05-13T16:30:17Z 400%まで急拡大したアマゾン熱帯雨林における金採鉱 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay/peru/150/peru_aerial_1475.jpg" align="left"/></td></tr></table>金価格の高騰によって、森林を破壊し、地域の川を荒廃させながら、ペルーアマゾンの金採鉱面積が1999年から400パーセント急拡大したことが米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された新しい研究によってわかった。 Brittany Stewart -12.768277 -70.545387 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13180 2014-05-05T15:36:00Z 2014-05-05T15:52:23Z インドネシア・マレーシアの森林、20年で350万ヘクタールがパーム油目的に開発 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/1112-oilpalm-forest-malaysia150.jpg" align="left"/></td></tr></table>インドネシア、マレーシア、パプアニューギニアの約350万ヘクタールの森林が、1990年から2010年の間に油ヤシプランテーションに転換されたという包括的な調査結果を、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)が公表した。 Brittany Stewart -1.711553 103.395569 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13153 2014-04-30T13:40:00Z 2014-04-30T13:47:44Z マレーシアの消えゆく熱帯林から違法木材を買い続ける日本企業 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/0910sarawak-man150.jpg" align="left"/></td></tr></table>日本企業はサプライチェーンから違法伐採木材を排除できていないことを、国際的な人権・環境問題の監視を行うGlobal Witnessが報告書で明らかにした。この報告書は、複数の日本の大企業と、サラワク州で違法な破壊的伐採を行いマレーシア領ボルネオの熱帯雨林を破壊している木材会社との関連が指摘した。 Brittany Stewart 2.775708 113.798704 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13080 2014-04-14T16:10:00Z 2014-04-14T16:16:41Z コスタリカ、森林伐採禁止で成果 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/0805pineapples150.jpg" align="left"/></td></tr></table>コスタリカにおける成熟林の皆伐の禁止は、農地拡大を森林以外の土地に向ける効果をもたらしたようだと、学術誌Environmental Research Letters掲載の論文が報告している。 Brittany Stewart 10.614718 -83.987947 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13028 2014-04-03T19:25:00Z 2014-04-03T19:42:11Z コンゴ盆地周辺諸国における森林減少率の低下 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/0722-africa-rainforest-map-150.jpg" align="left"/></td></tr></table>学術論文誌「<i>Philosophical Transactions of the Royal Society B</i> 」で発表された <a href=http://rstb.royalsocietypublishing.org/site/2013/rainforest.xhtml>18本の論文</a> から成るコンゴ盆地の熱帯雨林に関する新しい研究によれば、この10年間でコンゴ民主共和国の森林開拓率が急上昇したにも関わらず、コンゴ盆地周辺諸国での森林減少率は低下した。 Brittany Stewart -4.171115 20.823212 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/13006 2014-03-28T20:26:00Z 2014-03-28T20:32:09Z マダガスカルで新たに発見されたキツネザルが、残り50匹 (写真) 研究者たちは、マダガスカル島で絶滅危惧IA類である新種のキツネザルを発見した。その霊長類については、雑誌「分子系統学と進化論」で正式に紹介されている。 Brittany Stewart -24.868994 46.974578 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12969 2014-03-21T20:39:00Z 2014-03-21T21:00:28Z オオアルマジロは重要な生態系エンジニア <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/1024.Schafer.Tatu.099.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>オオアルマジロ (<i>Priodontes maximus</i>) は正真正銘の巨獣だ。体重は大型犬ほどもあり、体長は世界最大のリクガメを越える。だがその巨体にもかかわらず、アマゾン流域からパンタナールにかけての生息域に住む人々の多くはオオアルマジロの存在を知らず、伝説上の生き物だと思っている人すらいる。科学研究はおろか、そもそも人の注目を浴びることすらなかったのは、大型哺乳類には珍しい。しかし、生物学者アルナウド・デスビエスが世界初のオオアルマジロの長期研究に果敢に挑んだおかげで、この謎に満ちた生き物に関して多くの新しい知見がもたらされた。デスビエスは初めてオオアルマジロの繁殖を記録し、さらにはこの穏やかな巨獣が、さまざまな他種の生物にとって不可欠な生息環境を作り出していることを発見したのだ。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12869 2014-03-03T21:41:00Z 2014-03-03T21:51:30Z 違法な野生動物取引に緊急対策を 動物園が各国政府に要請 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/0722.chimp.zaccBASKET_DB9F392FAD98F.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>3月のある一夜にうちに、重武装し馬に乗った密猟者の一団がチャド南部で89頭のゾウを虐殺した。うち30頭は妊娠したメスだった。この惨劇は2013年に起きた中で最悪の密猟事件だったが、2012年にカメルーンの国立公園で650頭のゾウが殺された事件の前にはそれすら霞んでみえる。ゾウの密猟は過去最悪の状況で、専門家は毎年3万頭が象牙のために殺されているという。その上、年190億ドル規模と推定される違法な野生動物取引の犠牲になるのはゾウだけではない。サイ、大型ネコ科、大型類人猿、さらにはセンザンコウやスローロリスといった馴染みのない無数の種もそうだ。止まらない殺戮に対し、40以上の動物園と多数の野生動物保護プログラムの代表者が集い、長く放置されてきた野生動物関連犯罪への緊急対策を世界各国の政府に要請した。 Brittany Stewart 41.604661 -93.646889 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12808 2014-02-21T19:26:00Z 2014-02-21T19:34:23Z 狩猟・伐採が、主要動物を死滅させ、長期にわたりコンゴ共和国の森林の健全性を脅かす <table align="left"><tr><td><img src="http://www.mongabay.com/images/gabon/150/gabon-23070.JPG" align="left"/></td></tr></table>森林に生息するゾウ・ゴリラ・レイヨウ・他の種子散布生物に対する持続不可能な狩猟は、コンゴ盆地の熱帯雨林の健全性と復元力に長期的な影響を及ぼす可能性があると、王立協会が発行する学術論文誌「フィロソフィカル・トランザクションB」の特集号で発表された研究論文で警告している。 Brittany Stewart 3.636777 11.95703 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12755 2014-02-10T17:04:00Z 2014-02-10T18:04:24Z マレーシア領ボルネオで熱帯雨林の80%が伐採 <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/0717FigureS2_PLOS1150.jpg" align="left"/></td></tr></table>商業伐採と伐採道路の規模を算定する網羅的研究により、わずか30年前には地球上で最も手つかずの場所とされていたマレーシア領ボルネオで、熱帯雨林の80%が伐採による深刻な打撃を受けていることが明らかになった。 この研究はタスマニア大学、パプアニューギニア大学、カーネギー研究所の研究者が共同で行ったもので、分析には衛星画像データから森林伐採・森林劣化を算定するための無料プラットフォームであるカーネギー・ランドサット分析システム・ライト(CLASlite)が用いられた。研究で算定されたのは2009年時点の森林の状況である。 Brittany Stewart 1.804206 114.595213 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12607 2014-01-07T21:23:00Z 2014-01-07T21:35:33Z アマゾン熱帯雨林で森林伐採率が倍増 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/0926.gibson3HR.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>ブラジルのNGO、Imazonの最新の推計によると、ブラジルのアマゾン地域における森林伐採率は前年比103%増となった。 Brittany Stewart -3.162456 -48.939457 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12557 2013-12-20T17:19:00Z 2013-12-20T17:48:27Z ブラジルで発見された“ペニス スネーク” 実は両生類の希少種 だった アマゾンのダム建設工事に携わるエンジニアが発見したこの生物は、手足のない両生類、アシナシイモリの一種である。ミミズのようであり、男性の体の一部に似ていると思う人もいるだろう。 Brittany Stewart -8.801692 -63.950796 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12513 2013-12-12T16:44:00Z 2013-12-12T17:03:59Z グリーンピースが、インドネシアでの煙霧と火災の劇的な光景を公開する(写真にて) <table align="left"><tr><td><img src="http://mongabay-images.s3.amazonaws.com/13/0624gp-haze-02a150.jpg" align="left"/></td></tr></table>黒い煙霧を解き放ち、さらにシンガポールとマレーシア全域に健康を害する可能性があるとの警戒を促している泥炭火災。グリーンピースはこの火災現場での一連の写真を公開した。 Brittany Stewart 1.133363 100.800069 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12503 2013-12-10T20:22:00Z 2013-12-10T20:59:19Z 石炭燃焼に奪われる25億年分の中国の平均余命 域内の膨大な量の石炭燃料使用により、淮河以北の中国人の平均余命が合計で25億年分失われることが、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文で明らかになった。 Brittany Stewart 32.901497 115.839629 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12447 2013-11-26T15:04:00Z 2013-11-26T15:27:18Z 南米で「ペニス・スネーク」の親戚を発見 イモムシ型の両生類であるアシナシイモリの新種が仏領ギアナの熱帯雨林で発見された。この種は <i>Microcaecilia dermatophaga</i>(「皮膚を食べる小型のアシナシイモリ」の意)と命名された。幼体が母親の皮膚を剥がして食べるという習性にちなむ。母親は幼体の発達のこの時期に脂肪分の多い特別な皮膚層を形成するため、皮膚を食べられても傷を負うことはない。成体のアシナシイモリはシロアリやミミズを食べ、生涯のほとんどを熱帯の土の中や落葉層の中で過ごす。 Brittany Stewart 5.485986 -53.994007 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12373 2013-11-13T17:50:00Z 2013-11-13T17:58:19Z アフリカの出生率が、世界人口を110億人に追い込む可能性 国際連合の最新の報告書によると、アフリカでの出生率が衰退しなければ、世紀末に地球上の人口はさらに40億人増加する可能性があるという。現在アフリカ大陸には10.1億近くの人が暮らしているが、2100年には40.2億人(380%の上昇)まで急増するらしい。そのことから地球人口は110億人に達することが見込まれている。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12310 2013-11-04T17:40:00Z 2013-11-04T17:52:59Z シンガポール、大気汚染が過去最悪の水準に 政府はスマトラ島の油ヤシ・木材プランテーションが原因と主張 スマトラ島のプランテーション、泥炭地、森林で猛威を振るい続ける火災が引き起こすヘイズにより、シンガポールの汚染物質基準指標(PSI)が過去最悪の水準に達した。 Brittany Stewart tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12241 2013-10-23T19:36:00Z 2013-10-23T19:42:27Z シリアのホオアカトキ、最後の一羽に ホオアカトキ(<i>Geronticus eremita</i>) の東部個体群が最後の一羽にまで減少したようだ、と群れのモニタリングを行っている保護団体が報告した。この個体群は1989年以降は絶滅したとみられていたが、2002年にシリアで小さな群れが発見された。しかし今回、個体群を維持しようとする保護団体の努力にもかかわらず、最後の群れも一羽また一羽と消え去って行ったことが明らかとなった。 Brittany Stewart 34.559163 38.280115 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12232 2013-10-23T14:50:00Z 2013-10-23T15:23:28Z テンキリを救え:聞いた事もない最も絶滅寸前の動物を保護する探検 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/0605.1367759602.tenkile.png.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>テンキリ、別名スコットの木登りカンガルー(スコットキノボリカンガルー科)は、コアラグマと子犬を足して2で割った感じである。柔毛な黒い毛皮でシッポと鼻が長く、とても小さな耳を持つ動物、これ以上愛らしい動物を想像する事は難しい。そしてテンキリが地球上もっとも絶滅危機にある生物の一種(およそたったの300匹しか生き残っていない)なのだと想像することも難しい。 Brittany Stewart -3.006813 141.901073 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/12060 2013-09-11T19:50:00Z 2013-09-12T12:26:07Z 新世界?:大気中の二酸化炭素濃度が400ppmに到達 <table align="left"><tr><td><img src="http://s3.amazonaws.com/mongabay-images/13/0511.800px-2011_Horn_of_Africa_famine_Oxfam_01.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>人類歴史上の大半、二酸化炭素濃度は180ppmから300ppmの間を変動していました。しかし産業革命はエネルギー開発のため化石燃料の燃焼を広範囲に広げ、それは大気中に炭素の氾濫を解き放ちました。加えて炭素は森林や他の生態系の破壊によっても放射されました。産業革命が氷河の融解、海面の上昇、北極海氷の消滅、種の移動、渇水や洪水などの異常気象の増加をもたらす事で、これらの放出は世界気温を摂氏約0.8度(華氏1.4度)上昇させました。 Brittany Stewart 19.441342 -155.635872 tag:jp.mongabay.com,2005:Article/10962 2013-03-03T21:15:00Z 2013-03-11T19:45:21Z アジアの自然災害が増加、00年代の死者は65万人  アジア開発銀行(ADB)の報告書が気候変動、都市膨張、都市計画の不備などにより多くのアジア都市が自然災害に対してより脆弱になっていると警告し、災害リスクが地域の経済的発展を損なっていると発表した。 Tiffany Roufs tag:jp.mongabay.com,2005:Article/10398 2012-11-14T18:30:00Z 2012-11-14T18:33:12Z ニホンカワウソ、絶滅種に指定される 環境省は8月28日、ニホンカワウソ(Lutra lutra whiteleyi)を絶滅種に指定したことを明らかにした。1979年に四国・須崎市で目撃されたのを最後に、この珍しい生きものは絶滅してしまった。その背景には、乱獲や土地開発による生息地の消失がある。 Tiffany Roufs tag:jp.mongabay.com,2005:Article/10308 2012-10-24T16:46:00Z 2012-10-29T23:29:52Z 野生生物、熱帯地域で60%以上の減少 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/animals_02478.150.jpg" align="left"/></td></tr></table>地球上で生物多様性が豊かな地域である熱帯地域において、過去48年間で野生生物の個体数が61パーセントも驚異的に減少したことが、生きている地球指数(Living Planet Index)の最新データから明らかになった。生きている地球指数は世界自然保護基金(WWF)およびロンドン動物学会(ZSL)により指数化されており、現在のところ、熱帯・温暖地域に生息する2,688種の脊椎動物(哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類を含む)のおよそ1万の固体数の動態を基に算出されている。 Tiffany Roufs tag:jp.mongabay.com,2005:Article/9354 2012-04-04T17:57:00Z 2012-04-04T18:06:09Z 世界一高価なマグロ 東京の築地市場で、約270Kgのクロマグロに73万5000ドル(5649万円)もの値がつけられた。これによって、昨年の最高値の記録が26万ドル以上の差をつけて更新されることとなったのだが、なぜこんなにも高価なのだろうか? 刺身、寿司の具材として最高の魚だとされているクロマグロは、乱獲され、絶滅の危機に瀕している。その一方で、太平洋クロマグロの個体数は安定している。 Tiffany Roufs tag:jp.mongabay.com,2005:Article/8849 2011-12-14T04:33:00Z 2011-12-28T18:57:10Z 「インドネシアの評判、製紙メーカーによって傷つけられるおそれ」報告書の主張  インドネシアは、自国の林産物に対する世界の評価を落とさないためにも、また温室効果ガスの排出削減の公約を守るためにも、パルプ•製紙材の植林地用の森林地帯と泥炭地についてもう一度考え直す必要がある。そう主張する報告書が、インドネシアの活動団体によって発表された。 Tiffany Roufs tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7546 2011-03-08T23:14:00Z 2011-03-09T00:12:39Z インドネシア:スマトラ島とカリマンタン島 8年間で島面積の9%の森を消失 インドネシア領カリマンタン島とスマトラ島では2000/2001年から2007/2008年までに54,000km2 つまり面積の9.2%になる森林が伐採された事が<a target=_blank href=http://iopscience.iop.org/1748-9326/6/1/014010/fulltext>satellite-based assessment衛生観測写真を使用して行われた評価</a>により明らかとなった。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7502 2011-02-27T19:50:00Z 2011-02-28T15:24:45Z GDP2%の投資が世界経済を地球にやさしい経済に 国連環境計画の提言 1 兆3千億ドル(約108兆円)、つまり国内総生産(GDP)の約2%に相当する金額を10のグリーンな産業セクターに投資をすることで、石油に依存した現在の世界経済を低炭素経済に移行できると国連環境計画(UNEP)が提言。その投資はさらに、貧困を緩和し、景気を維持すると同時に、人口が増加するとされる2050年には、世界規模のエコロジカル•フットプリントを現在の半分に削減する事が可能になると言う。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7490 2011-02-25T10:40:00Z 2011-02-25T13:09:51Z 世界のサンゴ礁 75%が危機的状況に 海の中で最も生物多様性に富む生態系であるサンゴ礁が深刻な危機に直面していることは、長年海洋科学者達から警告されてきた。しかし、状況はより深刻化している。世界資源研究所(WRI)と他25団体による広範囲にわたる最新の分析では、世界のサンゴ礁の75%が、気候変動を含め地域的または世界的な環境ストレスにより危機状況にあると報告された。1996年に発行された報告書Reefs at Riskを更新したこの報告書Reefs at Risk Revisitedによれば、サンゴ礁への脅威は30%も増加。過去十年間行われてきた保全活動は、大規模でのサンゴ礁保全に失敗していることが明らかとなった。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7441 2011-02-14T10:31:00Z 2011-02-14T11:09:48Z サイの角 コカイン価格に匹敵 アフリカとアジアで横行するサイの密猟であるが、英デイリーミラー紙によれば、サイの角の価格は今やコカインの価格に匹敵するそうだ。野生のサイを殺し、削り取られた角から得られる違法の粉は1キロあたり£31,000(約400万円)相当になる。サイの角はもはや金の値段に勝る。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7322 2011-01-22T10:40:00Z 2011-01-22T10:53:37Z EU:CO2炭素クレジット盗難 ハッキング被害 電子取引の安全性が侵害されたため、EU(欧州連合)はカーボンマーケット(炭素市場)を一時的に中止していると<i>ポイントカーボン社</i>が報じた。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7273 2011-01-09T02:07:00Z 2011-01-09T02:53:20Z 築地の初競り クロマグロの売値が市場最高値を記録(3249万円) 先週火曜日、太平洋産のクロマグロ(342キロ)が競りに出され、3249万円という市場最高値を更新した。世界中のマグロの生息数が急峻な減少の中、過去の記録より1000万円以上記録を更新した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7252 2011-01-04T11:55:00Z 2011-01-04T12:38:31Z 絶えないキツネザルの密猟、マダガスカル マダガスカルの非営利環境団体ファナンビー(Fanamby)によると、昨年大晦日、マダガスカル北東部の町ヴォへマーでブッシュミートトレード(野生生物の食肉売買)の容疑で密猟者と思われる男が逮捕、32頭のキツネザルの死骸が没収された。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7157 2010-12-07T10:01:00Z 2010-12-07T22:57:38Z ジェーン·グドール博士とデイヴィッド·アッテンボロー卿:地球規模で環境を守るには人口過多問題に取り組むべき 「地球規模で環境を守るためには、人口過多問題に取り組むべきです。」 英テレグラフ紙 のインタビューで、世界的に著名な霊長類学者でありコンサベーショニストであるジェーン·グドール博士と、動植物学者であり野生生物ドキュメンタリー制作者であるデイヴィッド·アッテンボロー卿の意見は一致していた。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7079 2010-11-18T08:10:00Z 2010-11-18T08:40:10Z モラトリアム効果発揮せず マダガスカルの国立公園内で大規模森林伐採やキツネザル狩り <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/10/1116masaola.jpg" align="left"/></td></tr></table>マダガスカルの北東、マスアラ国立公園内で行われた生物調査により、森林伐採が大規模に行われていることが明らかになった。この国立公園はユネスコによって世界遺産に指定されており、生物多様性に富んだ熱帯雨林であることが知られている。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/7061 2010-11-15T00:00:00Z 2010-11-18T08:20:46Z 国立公園内に原発? 海外に協力を求める日本のNGO 18日から29日にかけて名古屋市で開催された生物多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)で、発展途上国の生物多様性保全へ多額の支援を決めた日本であるが、自国の生物多様性保全にはどうやら十分に目を向けていないようだ。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6836 2010-10-08T23:51:00Z 2010-10-08T22:21:37Z 違法インコ取引、根絶をめざすメキシコの大きな一歩 <table align="left"><tr><td><img src="http://www.mongabay.com/thumbnails/peru/tambopata/Tambopata_1029_4804.JPG" align="left"/></td></tr></table><i>今回、野生生物保護団体のディフェンダーズ・オブ・ワイルドライフ(Defenders of Wildlife)メキシコ事務所所長、フアン・カルロス・カントゥ(Juan Carlos Cantu)が<a target=_blank href=http://laurelneme.podbean.com/2010/03/08/the-wildlife-illegal-parrot-trade-in-mexico-cites-juan-carlos-cantu/>のは</a> メキシコにおける違法なインコ取引の実態と、この取引についての彼の画期的な研究がメキシコ議会を動かし、ついにはメキシコ野生動物保護法の改正という形でインコ取引の全面禁止を実現した、その経緯についてである。ディフェンダーズ・オブ・ワイルドライフはこの状況について <a href=http://www.defenders.org/programs_and_policy/international_conservation/mexico_program/stopping_the_illegal_parrot_trade.php>2007 で詳しく説明しているが、それによれば、</a> メキシコでは毎年6万5,000羽から7万8,500羽もの野生インコが違法に捕獲されている。 Clare Raybould tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6852 2010-10-03T17:18:00Z 2010-11-08T01:08:54Z より環境にやさしいパームオイル、アメリカに到着  RSPO(持続可能なパームオイルのための円卓会議)によると、持続性基準を充たすことを認証されたパームオイルの最初の積荷がアメリカに到着した。 Clare Raybould tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6622 2010-08-14T17:55:00Z 2010-08-14T15:10:11Z サラワク政府と警察と伐採業者は、「共謀して先住民族コミュニティを威嚇し攻撃している」と断言する新しいレポート <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/BMF_pic3.thumb.jpg " align="left"/></td></tr></table>JOANGOHutan(先住民と非政府団体とのマレーシアネットワーク)の最新のレポートは、マレーシア・ボルネオ島のサラワク州で、土地をめぐる紛争に巻き込まれた先住民族コミュニティに対する権力の濫用や一貫しない対応の様子を伝えている。 Clare Raybould tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6623 2010-08-14T17:11:00Z 2010-08-14T15:43:57Z 12歳の彼の使命はアフリカの珍獣オカピーを救うこと スペンサー・テイトとのインタビュー <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/0112081300_nehu.jpg " align="left"/></td></tr></table>子供が世界を変えるなんてできっこない、などと言えるのはスペンサー・テイトに会ったことがないからだ。  スペンサーとオカピーとの初めての出会いはスペンサーが5歳の時、場所はミルウォーキー公立博物館であった。12歳になったスペンサーは、その出会いを「一目ぼれ」と表現する。オカピーは、見た目はゼブラや馬やキリンに良く似ているが、実際はキリンだけが同じ種類(科)なのだと彼は説明してくれる。 Clare Raybould tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6416 2010-07-13T18:07:00Z 2010-07-14T00:17:21Z クロマグロ戦争―グリーンピースとシーシェパード、絶滅危惧種の保全を求め戦術をエスカレート <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/bluefin_tuna.thumb.noaa.jpg " align="left"/></td></tr></table>地中海では血なまぐさい情勢が展開している。6月の最初の週末、漁師とグリーンピースの活動家が、絶滅危惧種に指定されているクロマグロの運命をめぐって衝突した。グリーンピースの活動家が漁師の網からマグロを逃そうとして両者の争いが始まり、途中、漁師が振り下ろしたかぎ竿で活動家の一人が足を負傷、病院に運ばれる騒ぎとなった。一方、シーシェパードは、「海の怒り(ブルー・レイジ)」運動を宣言し、クロマグロの密漁阻止運動に乗り出した。 Clare Raybould tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6277 2010-06-15T18:08:00Z 2010-06-15T18:38:05Z アマゾン熱帯林、減少の勢いが緩む一方、火災が増加 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/10/0603aragao150.jpg" align="left"/></td></tr></table>ブラジルのアマゾン熱帯林の減少率は2004年以来低下し続け、炭素排出量の増加も抑えられているが、そうした効果も、森林火災の増加で部分的に相殺されている―そのような研究が学術誌『サイエンス』で発表された。 Matthew King tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6227 2010-06-09T15:02:00Z 2010-06-09T15:08:07Z ボルネオ島 石炭火力発電所の建設予定地-写真が伝える楽園の美 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/ocean.coal.568.thumb.jpg " align="left"/></td></tr></table>メキシコ湾の原油流出事故が世界的な関心を呼ぶにつれ、多くの人々が、アメリカ政府の政策の是非にとどまらず、この世界が化石燃料に依存しているという事実そのものについて真剣に考え始めている。ところが、化石燃料を用いる大規模なエネルギー事業計画は現在もなお着々と進行している。その一つがボルネオ島マレーシア領のサバ州における、300メガワット規模の石炭火力発電所の建設計画である。これに地元住民は激しく反対しており、予定地はすでに2度の変更を余儀なくされた。しかし、現在の計画で発電所の建設予定地となっているのは、下の掲載写真に見るとおり自然のままの豊かな浜辺である。この浜辺は、生物多様性の高さでは世界屈指の海洋環境として知られるコーラルトライアングルに面している。しかも、発電所の送電線は、オランウータンやボルネオサイ等、多数の絶滅危惧種の生息地である近隣の原生雨林を貫通することが予想されている。 Jeremy Hance tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6200 2010-06-06T14:46:00Z 2010-06-06T14:48:08Z フカヒレスープ、ハワイで禁止される ロイター通信は、ハワイのリンダ・リングル州知事が2011年7月1日以降フカヒレスープを禁止する法律を成立させたと報じた。フカヒレスープは現在、ハワイにある多くの中華レストランで出されているが、このビジネスで乱獲が進み、サメの特定種が激減しているのである。 Jeremy Hance tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6188 2010-06-03T15:02:00Z 2010-06-03T15:05:28Z ブラジルの大手畜産企業、アマゾンの森林破壊ゼロ化を目指す ブラジルの畜産会社はアマゾンのサプライチェーンのマップ化を進めているが、目標として掲げた森林破壊のゼロ化はまだ達成できていない―グリーンピースは、 ブラジル食肉輸出業者協会(ABIEC)とのサンパウロでの会合後、そのような報告を行った。 Jeremy Hance tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6186 2010-06-03T14:55:00Z 2010-06-03T15:00:58Z 写真:果物を食べるオオトカゲ、フィリピンで発見される 新種のオオトカゲが科学者により発見された。場所はフィリピン。森林が切り払われ人口が密集する、ありそうにない地域での発見だった。 Jeremy Hance tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6143 2010-05-30T22:20:00Z 2010-05-30T22:23:16Z 熱帯雨林のシャーマンによる病の治療 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/09/1111herndon150.jpg" align="left"/></td></tr></table>クリストファー・ハーンドン医師、アマゾンのシャーマンによる病の診断と治療の方法について探る. 植物と人間の関係を研究する民族植物学者は長い間、世界各地の先住民族のシャーマンが薬草を幅広く利用していることを実証してきた。アマゾンもそうした地域の一つである。しかし、この伝統的な治療師が実際にどのように病気を診断し、治療するのかについて明らかにしたものは、ほとんどなかった。民族生物学と民族医学の学術雑誌である『ジャーナル・オブ・エスノバイオロジー・アンド・エスノメディシン(Journal of Ethnobiology and Ethnomedicine)』に発表された最近の論文は、薬草の利用法の目録作りにとどまらず、スリナムの熱帯雨林の奥地にある2つの先住民の村において治療されてきたさまざまな病気や健康状態について探ったものである。4年間の調査期間に伝統的な治療師を訪れた2万人余りの患者のデータをもとにしたこの研究からは、トリオ族のシャーマンが病気の概念について欧米の医学にも比肩しうる複雑な理解をもっていることが示された。トリオ族の治療師は少なくとも75種の病状について認識しており、それは発熱[këike]などのごく一般的な病気から、神経麻痺[ehpijanejan]などの特殊かつ稀な病気にまで及んでいる。また、伝統的な風土病と、外部世界との接触が始まって以降登場した新種の病気も区別されている。 Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6142 2010-05-30T22:12:00Z 2010-05-30T22:19:34Z 熱帯雨林の保護―この1年を振り返って <table align="left"><tr><td><img src="http://travel.mongabay.com/malaysia/150/borneo_2804.JPG" align="left"/></td></tr></table>森林の減少が少なくとも1980年代以降では最小の勢いに縮小したブラジルを筆頭に、世界の森林減少の規模は過去10年余りの間の最低水準に低下した。その重要な背景となったのは世界的金融危機である。金融危機のもとで森林破壊活動への投資が減少し、森林減少の基本的な促進要因となる商品価格が暴落したからである。2009年はまた、自国内の熱帯雨林を保護する国々に報酬を与える気候変動緩和のための仕組み、REDDプロジェクトにも目立った進展があった。2009年全体を通じ世界中の企業、政治指導者、有名科学者、環境保護団体、セレブのほか、各界の有名人たちがこのプロジェクトに賛意を表したのである。REDD支持の動きは気候変動に関するコペンハーゲン会議へと続き、この会議で前進をみた数少ない領域の一つになった。REDDに関する問題は現在、その仕組みの細部(実施方法、資金、ガバナンス、エクィティ)に集中しており、温室ガス排出削減の方法として熱帯雨林を保護するという根本的理念については、すでに広く合意されている。 Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6052 2010-05-06T15:59:00Z 2010-05-08T05:51:32Z ジェーングドール、霊長類研究者 自然保護論者 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/j/goodall_gombe.thumbnail.jpg " align="left"/></td></tr></table>2010はジェーン・グドール・インスティテュート(JGI)とその創設者であるジェーン・グドール博士.DBE(大英帝国爵位)にとって記念的な年となりました。50年前、世界で名高い世界自然保護論者リーダーであるグドール博士が最初に足を踏み入れたのが、現在は国立公園となったアフリカ、タンザニアにあるゴンベのタンガニィカ湖であった。彼女がゴンベで発見した野生チンパンジーの行動研究により、自然科学上の重大な発見を生み出しました。そして彼女の視野は「全ての生き物の為に社会の理解を深めるのは重要な事である。」と言う世界的な任務にまで拡大しました。 Jeremy Hance tag:jp.mongabay.com,2005:Article/6022 2010-04-30T00:14:00Z 2010-04-30T09:54:23Z 希少種のゴリラを救う養殖カタツムリ 人々が貧困と飢餓に苦しむ地域で、絶滅の淵に追いやられている動物をあなたならどうやって救うのか? 人が大事か、希少種が大事か。 野生動物の保全活動に従事する人を長年悩ませている問題だ。ゴリラを食用として捕食する密猟者達から、希少種のクロスリバーゴリラを救うための新しい案が、The Wildlife Conservation Society (世界中の野生生物や野生生物の生息地の保全活動を行っているアメリカのNGO。以下WCS) にはある。 食用のカタツムリを養殖させ、ゴリラを売るよりも高額の収入を現地の人々にもたらす策だ。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5922 2010-04-05T05:01:00Z 2010-04-05T05:05:06Z マレーシア: オランウータン保護 VS パームオイル開発 ― 誤った記録を正す <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/10/0116DrAncrenaz150.jpg" align="left"/></td></tr></table>マレーシアのパームオイル業界は、ボルネオ島北部のサバ州で、オランウータンの頭数を過去30年間に著しく減少させたとして、広く非難されてきた。同業界はこうした非難を頑なに否定しており、マーケティング・キャンペーンをもって、反対の主張を掲げて応じてきた。すなわち、アブラヤシ(オイルパーム)のプランテーションは、この大型の赤いサルたちを養い、栄養を与えることができるというのである。 Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5709 2010-02-23T00:00:00Z 2010-02-23T01:30:56Z オイルパーム労働者はいまだ貧困線以下、大臣声明とうらはら マレーシア・インサイダー紙によると、10月19日(2009年)、プランテーション産業および商品相のタン・スリ・バーナード・ドンポク氏は、議会に対し、「オイルパーム収穫労働者およびゴム採集労働者は、マレーシア国民の貧困線を上回る生活水準にある」と述べた。しかし現在、それら労働者の代表者たちは、ドンポクの発言は嘘だとしている。 Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5682 2010-02-18T11:40:00Z 2010-02-27T20:11:49Z 地球規模の緊急課題である生物多様性保全から目をそむける議長国日本 ジュゴン最後の生息地に米軍基地 日本に50頭あまりしか生息していないと言われるジュゴンの日本最後の生息地が、危機にさらされている。 ジュゴンが生息する沖縄県東部沿岸、辺野古(へのこ)の大浦湾地域は、たくさんの種類の生物種が生息しており、環境省が選定した日本の重要湿地のひとつである。しかし、辺野古は米軍普天間飛行場の代替施設建設地の候補地になっている。日本の新政権である鳩山内閣は、現在候補地の再検討を行っているが、いまだ辺野古は選択肢に含まれている。建設のための埋め立てが行われれば、大浦湾の潮流が変わり、赤土やヘドロで海草やサンゴなどの生態系が大きく破壊されることは避けられないであろう。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5529 2010-01-31T09:57:00Z 2010-02-02T21:37:59Z インドネシア 絶滅危惧種であるトラを富裕層にペットとしてゆだねる新制度 絶滅危惧種であるスマトラトラを救うための新制度をインドネシア政府が打ち出した。その新制度は、つがいのスマトラトラの飼育を保証金10億ルピア(約960万円)で一般人にゆだねるというもの。その保証金はスマトラトラの保護活動に充てられるというが、今のところその資金の管理先は明らかではない。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5569 2010-01-30T22:28:00Z 2010-02-01T00:37:37Z 現実世界の「アバター」ストーリー:企業の搾取と戦う先住民族 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/09/0619peru150.jpg" align="left"/></td></tr></table>ジェームスキャメロン監督の最新映画、「アバター」では、 衛星パントラに住む先住民が、 パンドラの資源を狙う侵略者たちと、故郷の森を守るために戦う。パンドラの資源で儲けようと開発を企む企業は、「警備」のために元海軍兵からなる軍隊を雇い、利益のためなら民族大虐殺も厭わない。 6本足のサイが走り回り、巨大なトカゲが飛び回るこの架空の星を舞台に繰り広げられる奮闘は、まさに「遠い星」の話に聞こえるかもしれないが、利益を求める企業と先住民との、資源・土地をめぐる衝突は、決してSFの世界だけの話ではない。 Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5383 2009-12-28T20:27:00Z 2009-12-29T23:24:37Z 密猟横行でサイは絶滅の危機――違法取引で角の値段は金以上に! サイの密猟件数が過去15年間で最高になった。闇市場で売られるサイの角の値上がりには、理由がありそうだ。サイの角の価値は10年ぶりに金の価値を上回り、1キロあたり約60,000米ドル(542万円)に達しているのに対して、金の1キロあたりの価格は40,600米ドル(367万円)をわずかに超えるだけである Rhett Butler tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5123 2009-11-14T04:21:00Z 2009-11-14T16:25:00Z キリマンジャロの雪よ さようなら <table align="left"><tr><td><img src="http://i54.photobucket.com/albums/g94/troufs/17807_web.jpg" align="left"/></td></tr></table>タンザニアにあるアフリカ最高峰キリマンジャロ。頂上氷原にて行われた最近の調査で、その氷原が20年以内にすべて消え去ってしまう可能性が高いことがわかった。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5051 2009-10-24T09:53:00Z 2009-10-24T22:08:43Z 希少種であるイベリアオオカミの完璧な瞬間をとらえた写真が大賞に輝く 本物とは思えないショット。<a href="http://www.nhm.ac.uk/visit-us/whats-on/temporary-exhibitions/wpy/photo.do?photo=2554&category=56&group=4">この写真</a>はイベリアオオカミ(ハイイロオオカミの亜種)が農家のフェンスを乗り越えた瞬間をとらえたもので、45回「ヴェオリア・エンバイロメント・ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」コンテストで最優秀作品を獲得した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/5037 2009-10-18T00:32:00Z 2009-10-18T09:45:46Z 植物が姉妹株(同胞)を認識  人は「血は水より濃い」と言うが、どうやら植物も血縁(植物に血は通っていないが)には待遇良く接するようだ。植物は姉妹株を認識するだけでなく、スペースを分け与えることが最近の研究でわかった。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4910 2009-08-30T09:25:00Z 2009-08-31T17:06:20Z マダガスカル 希少種カモ 絶滅の淵に追いやられる 世界でもっとも希少なカモであるマダガスカルメジロガモは、一度は絶滅したと考えられていた。 最後に生息を確認された1991年以降、9匹の成鳥と4匹の雛達が発見される2006年まで、この種は消え去ってしまったものと考えられていた。現在、保全関係者はマダガスカルメジロガモの生息数は回復しないのではないかと懸念している。今年の調査で見つかったのは6匹の雌のみだったからだ。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4886 2009-08-22T10:04:00Z 2009-08-31T17:07:12Z 消滅しないと信じられていた海中のプラスティック 一年以内に分解 有害な化学物質をまき散らす 基本的にプラスティックは消滅しないと想定されていた。海中をただようプラスティックは 特定の海の生物に誤飲されたり、体に絡み付いたりと危険性をともなうものであったが、科学者達はそれ以上の害を予見していなかった。 しかし、新しい研究で海中にただようプラスティックには海洋生物や人類の生命を脅かす可能性があることがわかった。世間で言う消滅しないプラスティックは実際、海中で分解され有毒物質を放出することが発見された。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4885 2009-08-21T11:14:00Z 2009-08-31T17:06:47Z ケニアのライオン 20年以内に絶滅の可能性 ケニアの政府機関であるケニア野生生物公社(KWS)は、同国のライオンが20年以内に絶滅する可能性を示唆。今現在ケニアに生息するライオンは約2000頭と推測されているが、毎年平均約100頭ずつ減少傾向にあるという。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4868 2009-08-18T12:31:00Z 2009-08-31T17:06:54Z ペルー 未接触部族の住む地域違法伐採 航空写真で明らかに ペルー*未接触部族の保護地区で行われているマホガニー(センダン科マホガニー属の高木)の違法伐採が航空写真によって明らかになった。ラウンドリバー保護研究所のChris Fagan氏が撮影した写真では、Murunahua保護地区の中に違法伐採キャンプが設置されており、そこに住む未接触原住民として知られるMurunahua Indiansが危険にさらされていることがわかった。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4820 2009-08-10T00:33:00Z 2009-08-31T17:07:40Z 中国企業閉鎖 カドミニウム公害に対する抗議が勝利 中国の”Xianghe化学工場”は地元住民からの激しい抗議後、閉鎖されることとなった。 この工場は最近まで暴力的な抗議者等の大規模な暴動の標的となっており、先週1000人近くの抗議者たちが工場の即時閉鎖を求めていた。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4808 2009-08-07T23:55:00Z 2009-08-07T23:42:32Z 中国、海外領土での環境破壊責任求められる 中国国外で経営を営み、環境に害を与えている企業は近々その責任を持たされることになる可能性を中国メディアが伝えた。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4799 2009-08-04T00:38:00Z 2009-08-04T00:13:48Z 米ミシガン 地球温暖化が哺乳類を北上させる 地球温暖化の影響で、ミシガン州の哺乳類たちが北上、他の種にも影響を与えていることが新しい研究でわかった。研究者達は9種類の小型哺乳類の分布と生息数を、30年以上の捕獲調査データと、過去100年をカバーしたリサーチミュージアムの記録から調査した。研究者達はこの9種類の哺乳類をカバーした14,000を超える資料を利用した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4763 2009-07-25T20:39:00Z 2009-07-30T16:44:35Z ナイキ、製品へのポリシー アマゾンの森林破壊を経て生産された皮の使用を停止を約束 スポーツ用品大手ブランドと環境保護団体の声明によれば、ナイキとGreenpeaceは共同で、アマゾンの熱帯雨林破壊に影響を及ぼさない原料の使用を保障した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4762 2009-07-24T09:53:00Z 2009-07-30T16:44:46Z 環境にやさしいパームオイル支援失敗がさらに環境指標にも悪影響をもたらす可能性 環境にやさしいパームオイルの*RSPO認証制度に対し、消費者の無関心が産業の環境保護活動向上に悪影響をもたらしているとパームオイル産業役員がロイターに伝えた。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4870 2009-06-20T01:02:00Z 2009-08-19T01:25:25Z ペルー アマゾン開発に反発した先住民 警官との衝突により死者30人以上 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/09/0619peru.jpg" align="left"/></td></tr></table>ペルー政府は、外国企業らに熱帯雨林での木材伐採や石油開発の権利を認める開発法を制定した。それに対し、北部アマソナス州の先住民ら約5000人が「大規模のアマゾン熱帯雨林破壊の可能性と生存権の侵害」と抗議、バグアで約2か月にわたって高速道路や川を封鎖した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4517 2009-04-28T21:44:00Z 2009-07-30T16:45:10Z アマガエルが生物多様性に富む地域の予測に役立つ可能性 生物多様性に富む地域予測にかかる費用削減にアマガエルが手助けになるかもしれない、と研究者たちがサイエンス誌で報告した。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4486 2009-04-20T11:11:00Z 2009-07-30T16:45:26Z 海洋酸性化によって有孔虫の殻重量が減少 大気中に過剰に存在する二酸化炭素を吸収することで世界中の海の酸性化が進み、生態系にさまざまな影響を引き起こしている。海洋酸性化による世界中の珊瑚礁の問題がよく取り沙汰されているが、「Nature Geoscience」 の新たな研究で、酸性化よる海洋生態系への別な影響も分かってきた。海の酸性度が高くなることが原因で、海中に何十億と存在する極小のアメーバ状*有孔虫の殻重量が、30~35%も減少したのだ。 Aya Uozumi tag:jp.mongabay.com,2005:Article/4394 2009-03-19T23:59:00Z 2009-07-30T16:45:40Z タスマニアンタイガーに見切りをつける時、遺伝子研究の専門家が示唆 <table align="left"><tr><td><img src="http://photos.mongabay.com/09/0302tiger.jpg" align="left"/></td></tr></table>アデレード大学DNA考古学センターのジェレミー・オースティン博士は、「タスマニアンタイガーの探索に注がれる資金と労力を他の保護活動にまわすべき」という見解を持っている。 Aya Uozumi