jp.mongabay.com
ホームページ  |   熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   観賞用熱帯魚  |   写真  |   その他の言語  |   モンガ・ベイについて  |   お問い合わせ

熱帯雨林: 危くされた富-脅かされた熱帯雨林

ペルーのアマゾン皆伐。(R.バトラーによる写真)

世界の危機: 森林消滅の強行

このサイト最初の7つセクションでは、熱帯雨林は、信じられないほど生態系が豊富で、地球上の基礎的な機能の根本的な役割を果たすことを説明しています。熱帯雨林は、恐らく50パーセントの世界の生物種の本拠地であり、それらを、生物学遺伝資源の大規模な蔵書にします。さらに、熱帯雨林は、大気ガスを規制し降雨を安定させることにより気候を維持し、砂漠化から守り、そして多数の他の生態学的機能を提供します。

しかしながら、これらの貴重な体系は、地球上で最も脅されています。正確な地域は討議されていますが、毎日少なくとも80,000エーカー(32,300ヘクタール)の森林は地球から消えています。少なくともさらに80,000エーカー(32,300ヘクタール)の森林が削り取られています。それらに加えて、地球上では、数百もの生物種が絶滅します。それらの莫大多数は科学文献によって裏付けされていません。これらの森林を失うことにより、より多くの炭素が大気に加えられ、最悪条件はさらに手直しされ、そしてより多くの表土が浸食によって失われます。

これらの森林の重要性の認識が高まっているにもにもかかわらず、森林破壊割合は速度を落としていません。国際連合食糧農業機関 (FAO) の図面分析は、原生林の損失が同じ期間の間、25パーセント拡大したかもしれない間に、1990年代と比較すると、熱帯森林破壊割合は2000-2005に、8.5パーセント増加したことを示します。1990年代以来ナイジェリアとベトナムの原生林の喪失の速度は倍増していますが、ペルーのレートは3倍になっています。

総伐採率
の変化割合
2000-2005対1990-2000
変化割合
(%)
マレーシア85.7
カンボディア74.3
ブルンジ47.6
トーゴ41.6
ナイジェリア31.1
スリランカ25.4
ベニン24.1
ブラジル21.2
ウガンダ21.0
インドネシア18.6
合計
(62 熱帯諸国)
8.5
全体として、FAOは、1990-2000の期間は約1016万ヘクタールの森林が失われ、それからの増加は、1040万ヘクタールの熱帯林が毎年、2000年から2005年までの時期に永久に破壊されたと推測しています。原生林は毎年の森林破壊は同じ時期に、541万ヘクタールから626万ヘクタールまで上昇しました。より広い規模で、FAOのデータは、原生林がより少ない生物多様性プランテーション、および第2の森林と取り替えられていることを示します。プランテーション森林の著しい増加により、森林保護は、熱帯地方において減少していますが、北アメリカ、ヨーロッパおよび中国では一般に拡大しています。産業用の伐採、農業(コマーシャルと生存)のための転換、および、たいてい人間によって故意に点けられた森林火災が全世界の森林破壊の大部分の原因です。
しかし、森林破壊の影響範囲、および森林破壊の影響は十分です。 何がこの損失の原因でしょうか。これがこのセクションで記述する問題です

森林破壊と劣化

森林損失についてさらに詳述する前に、何を「森林」と見なすか、また、何が森林破壊と森林劣化によって結果をもたらすかを最初に説明することが重要です。

国連食糧農業機関(FAO)(世界の森林の状態に関する情報のための主な出所)は、森林を、木の天蓋がたの覆いが、10パーセント以上、および0.5ヘクタール以上の領域におよぶ土地として定義しています。FAOは、「森林」は天然林と森林農園を含んでいますが、明確に主として農業生産(すなわち、果樹とパーム油農園)のための木と併農林業システムに植わっている木を除くと規定しています。

他の組織は森林の定義のために異なる標準を使用します。例えば、国連環境計画(UNEP)は40パーセントを境界値としてカバーする「閉じた森林」、そして「10-40パーセントのカバーする「開いた森林」の定義を使用します。 それに対して、the Tropical Ecosystem Environment Observations by Satellite (TREES)プロジェクトは、(1990年代にヨーロッパの委員会によって財政援助を得た)は、70パーセントを超える天蓋を備えた「密林」、および40-70パーセントを備えたものが「疎林」と分類しています。

混乱を減少するために、このサイトでは、たとえ森林を考慮する場合の大まかな定義だと非難されていても、混乱を減少するために、一般的にFAOの協定に従います。

FAOは、森林破壊を「別の土地利用への森林の転換、あるいは最小の10パーセントの境界値より下の木の天蓋カバーの長期てきな縮小」として定義します。10パーセント「90パーセントから12パーセントとも言えます」を越える森林の木の樹冠カバーの欠乏は、森林劣化と考えられます。最も頻繁に伐採するのは、森林劣化の範疇の下範囲になり、したがってFAO森林破壊統計に含まれていません。と言う訳で、森林劣化割合は森林破壊割合より相当に高いです。

少し深く追求すると、FAOは「森林破壊は農業、牧場、貯水池および市街地に変換された森林地域を含む」と定義しています。しかし用語では、「収穫か伐採の結果、木が削除された後、森林が自然に、あるいは造林の援助で再生すると予想される地域を特に除外する。」とされています。

森林破壊 対 森林劣化

森林破壊の原因劣化の原因


最近の森林破壊ニュース記事

[英語 | スペイン語]

再考質問:
  • 森林破壊と森林劣化の違いは何ですか?
  • 森林破壊を引き起こす活動のいくつかの例は何ですか?
  • 森林劣化の原因は何ですか


続く: 森林破壊の後ろの自然の力 




Rhett A. Butler.


ページ:
熱帯雨林の損失の原動力
熱帯雨林の自然の脅威
熱帯雨林への人間脅威 —序論
危くされた富ー脅かされた熱帯雨林
熱帯雨林への人間の脅威—経済改革
熱帯雨林の石油生産の影響
熱帯雨林の伐採
熱帯雨林での採掘の環境影響
熱帯雨林の火災
熱帯雨林戦争に対する人間脅威
熱帯雨林の農業の影響
熱帯雨林牛の放牧場に対する人間脅>
熱帯雨林水力発電か密猟に対する人>
熱帯雨林薪、道路、気候に対する人>
熱帯雨林借金に対する人間脅威
汚染と貧乏の雨林へのインパクト
熱帯雨林消費に対する人間脅威







MONGABAY.COM
モンガ・ベイから発信する自然保護と環境に関する情報.





熱帯雨林について

熱帯の雨林の構造
熱帯雨林のしくみ
熱帯雨林の生物多様性
林冠
林床
熱帯雨林の水域
先住民
森林破壊
熱帯雨林の世界的重要性
熱帯雨林の保護
こどもサイト


英語サイト


高解像度の写真





ホームページ  |   熱帯雨林  |   子供たちのため  |   環境ニュース  |   観賞用熱帯魚  |   写真  |   その他の言語  |   モンガ・ベイについて  |   お問い合わせ

©2010 Rhett Butler